指の爪に血豆はどのくらいで治る?痛みを和らげる方法や治す方法は?

足を戸棚にぶつけた時や窮屈な靴を履いた時、 爪の下に赤黒い血のようなものができていることがありませんか。 その赤黒いものは、爪の下にできた血豆、内出血です。 その怪我は「 爪下血腫 」といいます。 重いものを落として、足の爪に外的な衝撃が起きたりすることで、 爪床が傷つき、内出血を起こし、爪と皮膚の間に血栓が出来きた状態を、 爪甲から見ると、爪の下の、爪の一部が真っ黒になったように見えるのです。 爪下出血は、打撲によってできる青アザのようなもの。 時間が経つにつれて、爪の黒い部分は消えていきます。 また、爪が伸びるにつれて、黒い部分が移動するケースもあります。 痛い場合は、どのくらいで治るのでしょうか。 どうしたら治るのでしょうか。

ボラギノールAとMの違いは?座薬や軟膏の使い分けについて

ボラギノールシリーズにはAとMがあります。わざわざパッケージの色も 違うので中身も違うかと思いますが、どうなのでしょうか。違いが分からない 方も意外と多いようです。 そこで今回はボラギノールのAとMの違いと使い分けについて調査して みました。とりわけ使い分けが理解できないと自分の症状に合わないものを 購入してしまうことになるので、知っていた方がいいですよ。

イボは自力で治すことができる?塗り薬は何が良い?うつらない対策は?

小さい時は気にならなかった方も、大人になってなんだか大きくなった気がする。 もちろん、子供の時もコンプレックスにもなるイボという存在。 特に目立つ場所にあると気になってしょうがない。 取り除いたつもりが、気がついたらまた同じところに出来てしまったり。 イボの種類にもよりますが、治療することは可能だそうです。 自力で治せるなら、治したい。 イボが出来る原因や治療法をお伝えします。

イボの治療液体窒素の期間と回数はどれくらい?レーザーや切除との違いは?

イボができると痛みやかゆみなどの症状がなくても、 取ってしまいたいと思う方が多いと思います。 ですが、ご自身でヤスリなどを使って、 削り取ったりするのは絶対に行ってはいけません。 なぜならイボは、ほとんどがウイルス感染によるもの。 イボが破れると、ウイルスが拡がってしまうのです。 他の人にうつしてしまうという可能性もありますし、 それ以上に、自分の体にイボを増殖させる原因になります。 数が多ければそれだけ治療も長引きます。 そうならないように、早く病院で治療を受けることが大切なのです。 今回は、イボ治療についてお伝えします。

血管炎症候群の原因は?症状、検査、治療方法について

風邪のような発熱や関節の痛みはありませんか?血管炎症候群かもしれません。 この病気の症状は人により異なり、血管の太さなどによっても変わるため一概に この血管炎だ、とは確定できません。 病気を知ることにより対処できることはたくさんあるので知識として持っておきましょう。 今回はこの血管炎症候群の原因や治療方法などをまとめました。

夜中にトイレに起きる回数が多い原因は?頻尿を治す方法や市販薬について

夜にトイレに行きたくなり、目が覚める。 トイレに行き、また、眠りにつき、また、目が覚めてしまった。 もし、夜中に1回以上はトイレで目が覚める、という方は、もしかしたら『 夜間頻尿 』の可能性があります。 実際に泌尿器科学会の調査によると、 実に40歳以上の7割近くの方が、夜間の排尿回数は1回以上だということが判明しました。 3回以上の人もかなりいます。 今回は、『 夜間頻尿 』について、お話します。

血圧の下が高いって問題があるの?原因や症状、下げる方法は?

血圧って何が高くて、何が低いのでしょうか。 日本高血圧学会によると、 上の血圧が140mmHg以上、下の血圧が90mmHg以上のどちらかであれば、 高血圧症とされています。 通常、安静時における正常な血圧値は上の血圧が120前後で下の血圧が70前後です。 例えば、数値から見ると下の血圧が100というのは危険。 血圧はつい上の血圧ばかりを気にしてしまいますが、 下の血圧の数値にも注意することが必要なのです。 特に若い人では下の血圧が高くなりやすいとされており、気をつけなければならないのは、脈圧。 下の数値が100以下で危険域ではない、と安心せずに上の血圧と下の血圧の差にも注意が必要なのです。 どのように問題があるのでしょうか。 お伝えします。

ノロウィルスの予防接種の効果と副作用。金額や接種時期について

毎年11月頃から翌年3月にかけて流行するウイルスによる胃腸炎症状。 非常に感染力が強く少量でも体内に侵入すると爆発的に増殖をし、 激しい下痢や嘔吐の症状があらわれます。 ノロウイルスを予防する特効薬はなくノロウイルスを体内に侵入させないことが最大の予防になります。 感染症胃腸炎の一種のノロウイルス。 また感染力が強く、発症した人を看病した人が二次感染する場合もあり、 治療や看病をする際には注意が必要な病気。 ノロウイルスを予防するために、日頃からしっかりと自衛をしていくことが大切です。

溶連菌の出席停止期間は?うつる期間と感染経路について

子供たちは手足口病やインフルエンザなど感染力が強い病気悩まされます。その一つが溶連菌です。上記にあげた病気とよく似たものですが、注意すべき点はどこでしょうか? 今回は溶連菌の感染経路と感染期間などを取り上げてみました。感染しないために注意すべきポイントもあげましたので参考になさってくださいね。

足首の痛みが突然で歩けないのは何?湿布や痛み止めは効果ある?

ある日、歩き始めに足首に痛みを感じた。 でも、動いているうちに気にならなったので、放っておいたら、激痛が。 そんな痛みがいつから始まったか覚えていなければ要注意です。 足首の関節の変形が原因かもしれません、もしかしたら、他の病気かもしれないのです。 時には、手術が必要なこともあるのです。 今回は、足首の痛みについて、お伝えします。

尿の泡が消えないのは何かの病気?市販の試薬で検査する方法

朝、トイレに行き、尿が泡立っている。 日中のトイレでも。 今朝は、気のせいかとおもったけれど、夜まで泡が立つ。 やはり、心配です。 もしそうではなく、一過性のことであれば心配するほどのことではありません。 後でも触れますが、尿の状態は食事や飲み物、薬など服用した場合などには特に目に見えて変化が出てくるもの。 朝一番の尿で、泡立ちが気になったのであれば、一晩寝ているあいだに濃くなっていただけ、ということもあります。 何日間も毎回泡が立つ、という場合は危険信号である可能性もあるので、近いうちに診察してもらうことをオススメします。 その判断のご参考になること、お伝えします。

片付けられない病気かも?診断方法は?治療法はある?

片づけられない病気って知っていますか?単なる怠け者とか、それが嫌いという ことではなく、精神的疾患により片づけられなくなるのです。怖いですね。 今回はこの片づけられない病気の特徴や診断方法、治療法を調査してみました。 おかしいな?と感じている方はチェックしてみてください。