皮膚・顔一覧

リンデロンとゲンタシンの違い。怪我した傷に塗るのはどちらが良い??

リンデロンとゲンタシン。これらは傷を治すためによく使われます。しかし よく似ているためにどこがどう違うのかを理解するのはなかなか難しいです。 そこで今回はリンデロンとゲンタシンの違いとは? 怪我をしたときに塗るのはどちらがいいのか、調査してみました。

ステロイド赤ちゃんへの影響や副作用は?皮膚(体・顔)の塗り方は?

ステロイドは本当に怖いのでしょうか。 副腎皮質ホルモンは、人間の身体の中でも造られている物質です。 老廃物を運んで来る汚れた血液を綺麗にして、オシッコを製造する腎臓の上にそら豆の形をして乗っかって いる副腎から造られます。 ステロイド配合薬は、副作用の事を詳しく説明されないまま、早く綺麗に治したい一心で、一生懸命お肌に 塗った結果肌は荒れ、ステロイド剤は怖いという誤解の原因になったとも言われています。 ステロイド軟膏は、確かに強い効能や効果があります。 ですが、正しく使う事で肌のトラブルは解決できるのです。 赤ちゃんに湿疹などの肌トラブルが起きたら、まずは小児科を受診することをおすすめします。 自己判断で市販薬を使うのは控えましょう。 「 乾燥しているから保湿クリームを塗ってあげよう 」と思うものですが、乳児湿疹は症状も様々で原因 もわからない、原因が違えば治療に使う薬も当然異なります。 自己判断で市販薬を使うと悪化させてしまう可能性もあります。 小児科へ行く前にお母さまが出来ること、お伝えします。

毛虫皮膚炎の症状は?市販薬で治せる?痒みを抑える方法は?

私は、ムシに刺されやすいのです。 みなさまは、いかがでしょうか。 お子さまがいらっしゃるお宅なら、初夏から秋にかけての期間、対策をとられている方おおいのではないでしょうか。 初夏から秋にかけて、ムシが元気に動き回る季節。 肌の露出とともに、身体のいろいろなところが虫に刺され、腕や顔がぷっくりと腫れやすい。 蚊だけでなく、毛虫などでもなるのです。 それは『 毛虫皮膚炎 』という皮膚炎。 毛虫による皮膚炎なのですが、直接触れてもいないのに毛虫皮膚炎になることもあるのです。 『 毛虫皮膚炎 』という皮膚炎はどのような症状なのでしょうか。

顔から汗が止まらない。止める方法や、顔汗をかかないようにするコツとは

ただでさえ暑いのに汗なんてかきたくない・・みんな思っていることですよね? 特に女性は顔に汗をかくと化粧崩れが起きるので、この辺は気をつけているはず。 今回は特に顔の汗を止める方法や、汗をかかないコツなどを色々まとめてみました。 すぐできる方法から、準備してやる方法などありますので、是非やってみてください。

蚊に刺された時の対処法。腫れやかゆみの解消をご紹介。

暖かい季節、外に出て遊んでいると必ずやられてしまうのが「蚊」ですね。 あちこち刺されるとかゆくてかゆくて大変! 蚊に刺されてしまった場合、かゆみや腫れをなんとか早く鎮める方法はないものかと 誰しもが思ってしまいますよね。 そこで、蚊に刺されたときの対処法をご紹介します。

顔に白いブツブツが・・・これは脂肪?原因は何?治す方法は?

顔にできるブツブツといえばニキビを連想しがちですが、 ニキビとは明らかに違う白いブツブツが顔にできることが あります。 ニキビのように炎症を起こして痛い訳ではないけれど、 顔に白いブツブツがあるのは見た目にも良いとは言えず、 外出したり人に会うのが嫌になりますよね。 こちらでは、この気になる「ニキビとは違う顔の白いブツブツ」 についての情報を御紹介していきます。

帯状疱疹は子供や赤ちゃんにもうつる?潜伏期間と感染防止の対策。

身内に帯状疱疹(たいじょうほうしん)に罹った人がいました。 背中一面に小さな水膨れのような発疹が帯状に出来て痛みも相当ひどいということでした。 痛みは数週間続き、その後は収まったようでした。 この病気は、年齢が50代から70代の比較的高齢者に多く見られるようですが、 乳幼児や児童の場合はどうでしょうか? 今回は、子供や赤ちゃんにも帯状疱疹がうつるのかどうかについてご説明します。

蕁麻疹の原因について。「食べ物」と「食べ物以外」で考えられるものは?

蕁麻疹になった人の7割以上は、その誘因が明らかではないって知っていましたか?あなたはどうですか? 今回は蕁麻疹の原因となる食べ物や別の要因、症状を抑えるのに効果のある食材を調査してみました。 どれか一つでもあなたにピッタリと合うものがあれば幸いです。