2016年02月一覧

ボラギノールAとMの違いは?座薬や軟膏の使い分けについて

ボラギノールシリーズにはAとMがあります。わざわざパッケージの色も 違うので中身も違うかと思いますが、どうなのでしょうか。違いが分からない 方も意外と多いようです。 そこで今回はボラギノールのAとMの違いと使い分けについて調査して みました。とりわけ使い分けが理解できないと自分の症状に合わないものを 購入してしまうことになるので、知っていた方がいいですよ。

イボは自力で治すことができる?塗り薬は何が良い?うつらない対策は?

小さい時は気にならなかった方も、大人になってなんだか大きくなった気がする。 もちろん、子供の時もコンプレックスにもなるイボという存在。 特に目立つ場所にあると気になってしょうがない。 取り除いたつもりが、気がついたらまた同じところに出来てしまったり。 イボの種類にもよりますが、治療することは可能だそうです。 自力で治せるなら、治したい。 イボが出来る原因や治療法をお伝えします。

イボの治療液体窒素の期間と回数はどれくらい?レーザーや切除との違いは?

イボができると痛みやかゆみなどの症状がなくても、 取ってしまいたいと思う方が多いと思います。 ですが、ご自身でヤスリなどを使って、 削り取ったりするのは絶対に行ってはいけません。 なぜならイボは、ほとんどがウイルス感染によるもの。 イボが破れると、ウイルスが拡がってしまうのです。 他の人にうつしてしまうという可能性もありますし、 それ以上に、自分の体にイボを増殖させる原因になります。 数が多ければそれだけ治療も長引きます。 そうならないように、早く病院で治療を受けることが大切なのです。 今回は、イボ治療についてお伝えします。

血管炎症候群の原因は?症状、検査、治療方法について

風邪のような発熱や関節の痛みはありませんか?血管炎症候群かもしれません。 この病気の症状は人により異なり、血管の太さなどによっても変わるため一概に この血管炎だ、とは確定できません。 病気を知ることにより対処できることはたくさんあるので知識として持っておきましょう。 今回はこの血管炎症候群の原因や治療方法などをまとめました。

夜中にトイレに起きる回数が多い原因は?頻尿を治す方法や市販薬について

夜にトイレに行きたくなり、目が覚める。 トイレに行き、また、眠りにつき、また、目が覚めてしまった。 もし、夜中に1回以上はトイレで目が覚める、という方は、もしかしたら『 夜間頻尿 』の可能性があります。 実際に泌尿器科学会の調査によると、 実に40歳以上の7割近くの方が、夜間の排尿回数は1回以上だということが判明しました。 3回以上の人もかなりいます。 今回は、『 夜間頻尿 』について、お話します。

血圧の下が高いって問題があるの?原因や症状、下げる方法は?

血圧って何が高くて、何が低いのでしょうか。 日本高血圧学会によると、 上の血圧が140mmHg以上、下の血圧が90mmHg以上のどちらかであれば、 高血圧症とされています。 通常、安静時における正常な血圧値は上の血圧が120前後で下の血圧が70前後です。 例えば、数値から見ると下の血圧が100というのは危険。 血圧はつい上の血圧ばかりを気にしてしまいますが、 下の血圧の数値にも注意することが必要なのです。 特に若い人では下の血圧が高くなりやすいとされており、気をつけなければならないのは、脈圧。 下の数値が100以下で危険域ではない、と安心せずに上の血圧と下の血圧の差にも注意が必要なのです。 どのように問題があるのでしょうか。 お伝えします。