ウィルス・感染症一覧

イボは自力で治すことができる?塗り薬は何が良い?うつらない対策は?

小さい時は気にならなかった方も、大人になってなんだか大きくなった気がする。 もちろん、子供の時もコンプレックスにもなるイボという存在。 特に目立つ場所にあると気になってしょうがない。 取り除いたつもりが、気がついたらまた同じところに出来てしまったり。 イボの種類にもよりますが、治療することは可能だそうです。 自力で治せるなら、治したい。 イボが出来る原因や治療法をお伝えします。

イボの治療液体窒素の期間と回数はどれくらい?レーザーや切除との違いは?

イボができると痛みやかゆみなどの症状がなくても、 取ってしまいたいと思う方が多いと思います。 ですが、ご自身でヤスリなどを使って、 削り取ったりするのは絶対に行ってはいけません。 なぜならイボは、ほとんどがウイルス感染によるもの。 イボが破れると、ウイルスが拡がってしまうのです。 他の人にうつしてしまうという可能性もありますし、 それ以上に、自分の体にイボを増殖させる原因になります。 数が多ければそれだけ治療も長引きます。 そうならないように、早く病院で治療を受けることが大切なのです。 今回は、イボ治療についてお伝えします。

ノロウィルスの予防接種の効果と副作用。金額や接種時期について

毎年11月頃から翌年3月にかけて流行するウイルスによる胃腸炎症状。 非常に感染力が強く少量でも体内に侵入すると爆発的に増殖をし、 激しい下痢や嘔吐の症状があらわれます。 ノロウイルスを予防する特効薬はなくノロウイルスを体内に侵入させないことが最大の予防になります。 感染症胃腸炎の一種のノロウイルス。 また感染力が強く、発症した人を看病した人が二次感染する場合もあり、 治療や看病をする際には注意が必要な病気。 ノロウイルスを予防するために、日頃からしっかりと自衛をしていくことが大切です。

溶連菌の出席停止期間は?うつる期間と感染経路について

子供たちは手足口病やインフルエンザなど感染力が強い病気悩まされます。その一つが溶連菌です。上記にあげた病気とよく似たものですが、注意すべき点はどこでしょうか? 今回は溶連菌の感染経路と感染期間などを取り上げてみました。感染しないために注意すべきポイントもあげましたので参考になさってくださいね。

悪寒だが熱はないのが続く原因は?対処法や食事について

悪寒が走る時ってありませんか?しかも熱はないのに・・という不思議な状態です。 わたしもこんな時、絶対に風邪なんかひきたくないので、かなり焦ってしまいます。 しかも正しい対処法でなければ症状を悪化させることになるので、どう対応するかで 結果が全く違ってきます。そこで今回は悪寒が走る時の原因や対処法をまとめました。 風邪をひきやすい冬の季節に役立ててみてください。

ノロウィルスの消毒方法。衣類や家のやり方。市販の薬剤は何が良い?

ノロウイルスは症状が収まって、完治したと思っても、実は体内にはノロウイルスが残っています。 個人差はありますが、回復後の1~2週間は、体内にノロウイルスが残っているのです。 長い方だと1ヶ月ぐらい、体の中に残っています。 ノロウイルスの症状はなくても、体内に残ったノロウイルスは便と一緒に排出されます。 平均して2~3週間はノロウイルスがあると覚悟した方が良いのです。 二次感染がでないように、対処しなくてはいけません。 今回は、消毒方法などお伝えします。

急性胃腸炎はうつる?潜伏期間や感染期間は?感染を防ぐ予防方法

急性胃腸炎は多くの芸能人も感染し、話題になりました。それだけ感染し やすく症状も酷いのです。もうすぐ最も感染しやすい冬場になります。 予防し備えるためにも今回は急性胃腸炎はうつるのか、感染を防ぐ方法など まとめてみました。健康な体で冬場を乗り切りましょう。

手足口病大人の症状は?感染した場合の治療と完治期間について

もともとは春から秋、4月から9月に流行すると言われていますが、その他の季節にも散発的に発生する、『 手足口病 』 一般に、手足口病は夏場に流行する子供の病気と考えられています。 特に、0から4歳の乳幼児に多いと言われていますが、昨今、成人でも罹患するケースは多く、実際、手足口病患者の約90%は5歳以下の乳幼児。 ということは、10%は大人の病気にもなりつつあるのです。 子供がかかるのと、大人がかかるのでは、治る早さも異なるようです。 今回は『 手足口病 』についてご紹介します。

人間ドックを受ける時に風邪気味だった場合はどうなる?検査に影響する?

人間ドックの前に体調不良になったことはありますか?当然ながら検査に影響があるか どうか不安になるものです。今回は風邪の場合、検査を受けてもいいか、何の検査に 影響があるか調査してみました。 検査前に薬を飲むことも複雑な事情があるようですよ。検査の参考にしてくださいね。

夏風邪の原因と症状。かかった時の対処法や効く食べ物は?

夏風邪とは夏にひく風邪のこと、と思っていましたが、夏風邪の原因となるウイルスは、冬に多いタイプとはまったく異なり、症状にも大きな違いがあるのです。 ということは、冬の風邪と同じ対処をしていると、こじらせて悪化させてしまうことも、別の病気を引き起こすこともあるので注意。 では、夏風邪の原因ウイルスには、どのような特徴があるのでしょうか。 夏風邪というと、つい軽い風邪と考えがちですが、症状が長引きやすいので油断大敵。 対処法や予防法をしっかり知っておき、こじらせないようにしましょう。

風邪の発熱を一晩でさげるには?即効性のある方法。食べ物や薬など

身体に身体には、自分で自分を治す力が備わっています。 風邪や発熱は、溜め込んだ疲れや老廃物をクリアする体の働きです。 休暇をとれ、というサインとも言えるかも知れませんが、お休みをとることが難しいのも事実です。 熱が出てきたかも、という時、一晩で下げるにはどうしたらいいでしょうか。

水疱瘡の薬はいつまで飲む?カチリはいつまで塗る?時間の頻度は

水疱瘡感染した場合には、抗ウィルス薬によりなるべく初期の段階で ウィルスの増殖を抑え、症状をできる限り軽減する処方をとるのが一般的です。 その際、抗生剤や出来た水疱による痒み止め、化膿止めの塗り薬カチリも併用します。 薬はいつまで飲むのか、カチリはいつまで塗るのかについてお話します。

授乳中に風邪薬は飲める?赤ちゃんへの影響は?

赤ちゃんを母乳で育てたいと思うママは多いですよね。 しかし授乳中に風邪を引いてしまった場合は大変です。 本来なら薬を飲めば数日で治るのが殆どですが母乳を通して赤ちゃんに何らかの悪影響が出ないか?心配になってしまいますよね。 そこで今回は授乳中に風邪を引いてしまった場合に 薬とどう対応していくかについて紹介します。

免疫力を高める方法は?運動や食べ物は何がある?

健康に関する事柄は、年齢が高くなってくるに従って関心事のトップのひとつに 数えられるようになります。 病気にならないでいつまでも健康に過ごすことができているというのは、 生活をしていく上での心配事の半分以上が解消されている状態といえるのかもしれません。 では、「いつまでも健康に過ごす」状態を維持するためにはどうすればいいのか。 その鍵は「免疫力」にあります。 今回は、「免疫力」を高めるにはどうすれば良いかについてご説明します。