2015年12月一覧

ステロイド赤ちゃんへの影響や副作用は?皮膚(体・顔)の塗り方は?

ステロイドは本当に怖いのでしょうか。 副腎皮質ホルモンは、人間の身体の中でも造られている物質です。 老廃物を運んで来る汚れた血液を綺麗にして、オシッコを製造する腎臓の上にそら豆の形をして乗っかって いる副腎から造られます。 ステロイド配合薬は、副作用の事を詳しく説明されないまま、早く綺麗に治したい一心で、一生懸命お肌に 塗った結果肌は荒れ、ステロイド剤は怖いという誤解の原因になったとも言われています。 ステロイド軟膏は、確かに強い効能や効果があります。 ですが、正しく使う事で肌のトラブルは解決できるのです。 赤ちゃんに湿疹などの肌トラブルが起きたら、まずは小児科を受診することをおすすめします。 自己判断で市販薬を使うのは控えましょう。 「 乾燥しているから保湿クリームを塗ってあげよう 」と思うものですが、乳児湿疹は症状も様々で原因 もわからない、原因が違えば治療に使う薬も当然異なります。 自己判断で市販薬を使うと悪化させてしまう可能性もあります。 小児科へ行く前にお母さまが出来ること、お伝えします。

片頭痛の原因は?食べもの飲み物は何が良い?薬以外でできる対処法

低気圧がくると頭がズキズキ痛む、とか、片頭痛がひどくて、吐き気がする、など。 時折、他の方から聞く体調不良。 症状がヒドイ方は、頭が痛くて、仕事や家事が全然手に付かない、とおっしゃる方もいらっしゃいます。 突然、ズキズキと痛くなる片頭痛。 ですが、一般的に睡眠不足や疲れ、肩こりがあるる人に片頭痛が起きやすくなるといわれています。 低気圧や台風などの天候による気圧や気温の変化のある時にも片頭痛は起こりやすくなるようなのです。 原因やお薬を飲まないでも、どうにかやり過ごす方法をご紹介します。

赤ちゃんが奇声をあげる原因は?障害や病気なの?止めさせる対処法

赤ちゃんが奇声を発すると、びっくりしますよね?驚くと同時にそれが続くと 病気じゃないかと心配になります。止めるのも難しいようです。 そこで今回は赤ちゃんが奇声を上げる原因とそれをやめさせる方法をまとめました。 赤ちゃんの成長を心から願うお母さんの参考になれば幸いです。

悪寒だが熱はないのが続く原因は?対処法や食事について

悪寒が走る時ってありませんか?しかも熱はないのに・・という不思議な状態です。 わたしもこんな時、絶対に風邪なんかひきたくないので、かなり焦ってしまいます。 しかも正しい対処法でなければ症状を悪化させることになるので、どう対応するかで 結果が全く違ってきます。そこで今回は悪寒が走る時の原因や対処法をまとめました。 風邪をひきやすい冬の季節に役立ててみてください。

ノロウィルスの消毒方法。衣類や家のやり方。市販の薬剤は何が良い?

ノロウイルスは症状が収まって、完治したと思っても、実は体内にはノロウイルスが残っています。 個人差はありますが、回復後の1~2週間は、体内にノロウイルスが残っているのです。 長い方だと1ヶ月ぐらい、体の中に残っています。 ノロウイルスの症状はなくても、体内に残ったノロウイルスは便と一緒に排出されます。 平均して2~3週間はノロウイルスがあると覚悟した方が良いのです。 二次感染がでないように、対処しなくてはいけません。 今回は、消毒方法などお伝えします。