2015年06月一覧

クレアチニンを下げる方法は?食事、サプリ、運動で改善できる?

クレアチニンとは腎臓病の進行度を示す目安です。一般的にはクレアチニン値は下がらない のが常識となっております。しかし心配することはありません。実際にクレアチニンを 下げることに成功した例は多数存在するからです。 今回はクレアチニンを下げるための方法について調査してみました。自分の生活に合った ものから初めてみてくださいね。

バリウム検査後の便秘がツライ。出ない場合はどうしたらいい?解消法は?

バリウムの検査後に排便トラブル、つまり固まって便がでない経験ってありませんか? これって体験談を読むとかなりつらく、大袈裟ですが、死ぬかと思ったとの投稿も。 こんな体験をしないためにもトラブルに備えておきましょう。今回はバリウムの排便 トラブルに合った場合の対処方法についてまとめてみました。知っているのと、知らない のとでは全然違うので、是非参考にしてみてくださいね。

コレステロールが低い原因は?何か問題がある?改善する方法は?

コレステロール値が高いと生活習慣病のリスクが高まることはよく知られています。 血液中にコレステロールが多いと動脈硬化を引き起こしやすくなり、心疾患や脳血管障害のリスクを高めてしまうのです。 健診で総コレステロール値の高かった人は数値が下がるように改善するように指示されることでしょう。 逆に自分の総コレステロール値がやけに低いことに気付かれる方もいらっしゃいます。 総コレステロール値が高いのは良くない、と世間的にもそのようなとらえ方ですが、低い場合は問題ないのでしょうか。

人間ドックを受ける時に風邪気味だった場合はどうなる?検査に影響する?

人間ドックの前に体調不良になったことはありますか?当然ながら検査に影響があるか どうか不安になるものです。今回は風邪の場合、検査を受けてもいいか、何の検査に 影響があるか調査してみました。 検査前に薬を飲むことも複雑な事情があるようですよ。検査の参考にしてくださいね。

目のくぼみを整形以外で治したい場合の解消方法と予防方法。

人間の目は一日に一万回以上も瞬きをするため皮脂線の数が少なく、そのため乾燥しやすいのです。 ハリも保ちにくいため、たるみやしわなどのトラブルが起こりやすい場所。 血流が悪くなりがちな部分でもあり、疲れや生活のリズムの乱れ、年齢を重ねる事で徐々にまぶたがたるんでしまい、見た目の印象が年齢よりも老けてしまう事もあります。 なかなか鍛えるというのも難しい部分でもあります。 目元は人間の印象の中で、とても重要。 原因を考え、対策をとりましょう。

頭皮湿疹とかさぶたの原因と治し方。薬とシャンプーのおすすめはコレ

時折、頭皮を触るとかさぶたが出来ていることに気づくことってありますか?あまり 見えない場所なので気にすることは、あまりないかもしれませんが、かさぶたを指で 引っ掻いて、また新たなかさぶたが、できる悪循環に陥ります。 ほおっておくと痒みを伴ったり、加齢臭のようなニオイを発するようになってきます。 今回は頭皮のかさぶた、湿疹の原因と治療法について調査してみました。

扁桃腺手術のメリットとデメリットは?入院期間や術後の痛みはどのくらい?

風邪を引いた時、病院で「 扁桃腺が腫れている 」と言われた方、多いと思います。 ドクターの触診などで扁桃腺が喉にあるのはわかりますが、どんな役割をしているのか、どんなものなのか、よく言われる割には、扁桃腺に対しての知識が少ない方も多いと思います。 扁桃腺炎とドクターに症状を書かれても、喉に炎症が起こっている程度の知識。 一度かかると、かかりやすくなるなら、手術してもいいかな、と思いますが、扁桃腺手術のメリット・デメリットはどのようなことなのでしょうか。

首のしこり痛くないけど原因は?何かの病気?どうやって治すの?

首にしこりがある場合、それが怖い病気に発展している場合があることをご存じ でしょうか?首のしこりは実に様々な病気が考えられますが、癌に発展すること もある怖い症状です。 今回は首のしこり(無痛)はどんな病気の可能性があるか、治療方法、悪性の場合 見分けるポイントなどを調査してみました。

全身がかゆい。発疹はなく虫に刺されてもいないのに原因は?対処法は?

部分的に痒みが出る場合は常日頃多いと思います。 例えば、草むらを通ってかぶれてしまったのを帰宅して気づいたり、万年床でダニに刺されてしまったり。 部分的ではなく全身痒みが出る場合もあります。 全身が痒いと日常生活を送るだけだけでも辛くなってきてしまいます。 熱が出たわけでもなく、何か食べ物に当たったか考えたり、ダニにさされたのではないかと考え、かゆいところを見ても、刺されている訳でもない。 そのような夜は、耐えられなくて眠るどころではありません。 原因はどのようなものがかんがえられるのでしょうか。