クレアチニンを下げる方法は?食事、サプリ、運動で改善できる?

kureatianinwosageruhouou-shokuji

クレアチニンとは腎臓病の進行度を示す目安です。一般的にはクレアチニン値は下がらないのが常識となっております。しかし心配することはありません。実際にクレアチニンを下げることに成功した例は多数存在するからです。

今回はクレアチニンを下げるための方法について調査してみました。自分の生活に合ったものから初めてみてくださいね。

スポンサーリンク

クレアチニンを下げる方法は?食事はどんなものが良い?

クレアチニンは腎臓のみで排出されるものなので、魚や肉、そしてご飯などのたんぱく質の摂取を控えることから始めましょう。しかし全くたんぱく質を摂らないのも問題なため少量でもしっかり活用できるために、たんぱく質を含まない糖分や油分も摂取しましょう。

何事もバランスが大事ですが、腎臓に良い食事というと、魚介類や海藻類が良いとされ、シジミが特におススメです。腎臓の機能を回復させるオルチニンの成分が入っています。

ひじきや昆布、いやしやブリなども良質なたんぱく質を含んでいますし、尿を出しやすくしてくれる、大豆やほうれん草、スイカなども働きを滑らかにしてくれます。

質が良いというと、豚や鶏などの肉類もたんぱく質が良質です。バランス良く摂取することで有効活用できます。

スポンサーリンク

クレアチニンを下げるのに良いサプリはある?

クレアチニンを下げるのは主に食事療法が一番なのですが、なかなか食事が取りにくいという方もおられるでしょう。そんな方には腎臓のサプリメントをおススメします。

◎クレアギニンX(健幸生活研究社)

◎しじみ習慣(自然食研)

◎協和発酵バイオオルチニン(協和発酵バイオ)

クレアチニンを下げるのに適している運動は?

以下に記す方法は、これをやればクレアチニン値が下げるというものではなくて
食事療法や薬物療法の効果を高める方法です。簡単に言えば自然治癒力を高める
方法です。

「腎臓の簡易トレーニング」

※本当は内臓トレーニングという低周波治療器を使ったものがあるのですが、ご自分で簡単に行えるものを選んでみました。

◎かかとの上げ下げ運動

かかとの上げ下げを「ゆっくり」行います。しかも腹式呼吸をしながら行っていきます。
これは血行を促す効果があります。かかとを上げると時にゆっくり吸います。かかとを下げる時にゆっくり吐きます。これを30回繰り返してください。

◎ふくらはぎ押し運動

ふくらはぎを押すのですが、必ず足首からひざに向けてゆっくり押します。指に力が入り過ぎないように痛気持ちいいくらいの目安で行いましょう。

まとめ

今回はクレアチニンを下げる方法をまとめてみました。

◎たんぱく質を採り過ぎないことと、塩分を控えめにすること。
◎腎臓サプリメント。(ノコギリヤシの成分が効果的)
◎かかとの上げ下げ、ふくらはぎ押し運動

特に運動は半年から1年を目安に効果を見て続けてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする