2015年03月一覧

爪のさかむけ・ささくれができる原因は?治す方法やできないようにする方法

時々指先に「 さかむけ・ささくれ 」が出来るという人は少なくないでしょう。 「 さかむけ・ささくれ 」というのは、皮膚が裂け、少しめくれたような状態です。 何かの作業の際に気になりつい引っ張ってしまったり、無理に剥がしてしまったりという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そのようなことから、傷口からばい菌が入ってしまうこともあるのです。 「 さかむけ・ささくれ 」ができないように、できた場合はどうしたらよいのでしょうか。

ガングリオンができる原因は?つぶし方や自分で治す方法。

ガングリオンは、あまり一般的には馴染みがない病気です。 20代から50代かけて起こりやすく、特に若い女性にはガングリオンができてしまった、という悩みを抱えている方も多いようです。 米粒程のあまり目立たないくらいの大きさや目で見てすぐにわかるといった比較的大きめのガングリオンもあり、 常に痛みを伴う訳でもないようです。 ただ、大きくなってくると神経を圧迫するので痛くなる場合もあるようなので注意です。 何故このように変形してしまうのでしょうか。 どのようにできるのでしょうか。

舌の先に赤い点々のプツプツが。痛いけど何が原因?治す方法は?

舌の先端や横にブツブツや赤いポツポツした斑点があり, さらにピリピリとした痛みを感じるようであれば何らかの病気の可能性があると思います。 舌は体調の変化や精神状態、さらには病気の前触れを自分に知らせてくれる機能があります。 舌を観察する事で中国医学などでは、病気を未然に防いでいました。 どのような病気があるのでしょうか。

口内に血豆ができる原因は?自然治癒それとも薬?予防する方法

身体で一番敏感なところと言われる、口の中。 髪の毛や異物がちょっと入っただけで、不快感を感じます。 それほど繊細なところなのに、血豆ができると気になって仕方ありません。 しかも、一度できるとなぜか、続けてできてしまうことが多かったりします。 どのようなことが原因なのでしょうか。

足の甲の疲労骨折の症状と見た目は?処置方法や完治期間は?

スポーツ選手に多く見られる疲労骨折でわかりづらく、割と多いのが、足の甲の骨折。 運動を続けていると、それが修復する前にまた微細な骨折が生じてしまい、骨全体の骨折に至ることがあります。これを疲労骨折といいます。これはどのような症状なのでしょうか。また処置方法や完治期間についてもお話しています。

風邪の発熱を一晩でさげるには?即効性のある方法。食べ物や薬など

身体に身体には、自分で自分を治す力が備わっています。 風邪や発熱は、溜め込んだ疲れや老廃物をクリアする体の働きです。 休暇をとれ、というサインとも言えるかも知れませんが、お休みをとることが難しいのも事実です。 熱が出てきたかも、という時、一晩で下げるにはどうしたらいいでしょうか。

胃カメラを受ける際のコツ。痛くない、苦しくない方法。検診その後の過ごし方

「 健康診断 」で犬猿されるのが「 バリウム 」そして、今回のトピック 『 胃カメラ 』です。 胃カメラは胃ガンなどの早期発見には欠かせません。 自分の健康のため、面倒くさがらずに検査を受けましょう。 「 胃カメラを飲むのは苦しい 」というイメージがとても強いです。 実際に、カメラを飲むときに苦しい思いをした人もいらっしゃることでしょう。 経験者の中にはもう二度とやだ、という方もいらっしゃる、ほど。 以前は『 口から 』 が主流でしたが、最近では『 鼻から 』も人気だそうです。

ダイエット中の朝食でおすすめなのは?時間がない人におすすめのレシピ

朝食をいただかないと、基礎代謝が下がり痩せにくい体になってしまいます。 もし、朝食を抜いてしまった場合、 体が飢餓感を覚え、お昼ご飯の栄養を過剰に吸収してしまうのです。 朝、お腹が空かないのは、食生活の不規則さが関係しているかもしれません。 夕食が多すぎたり、夜食を食べたりしていると、消化に身体が疲れてしまって、 朝、食事ができないことはもちろん、質の悪い眠りで目覚めが悪くなってしまったりしまいます。 ダイエットと限らず、朝の習慣ご提案します。

カレーを次の日に食べると下痢をする理由は?保存方法はどうしたら良い?

次の日のカレーが美味しい、という方いらっしゃいます。 食べ物から下痢が発生する食中毒など、衛生環境を気に付けている方は多いと思います。 ですが、カレーはなぜか、普段食べて下痢など発生するはずがないと思っているもの方が多いようです。 代では暖房が発達して冬でも食中毒が多いものなので、気をつけましょう。

物忘れが激しい、すぐ忘れる。これを防ぐ対策方法は?

昔はよく覚えていたのに、最近物忘れが激しいなと感じる方もいらっしゃるのでは ないでしょうか。年齢と共に物忘れが激しくなっていき、人の名前や地名など、 覚えていた事を思い出せないと言った事がしばしば起こります。 さて今回は、そのような物忘れで苦労しないように、これを防ぐ対策方法を 具体的にご紹介していきます。