ガングリオンができる原因は?つぶし方や自分で治す方法。

gangurion-genin

ガングリオンは、あまり一般的には馴染みがない病気です。

20代から50代かけて起こりやすく、特に若い女性にはガングリオンができてしまった、という悩みを抱えている方も多いようです。

米粒程のあまり目立たないくらいの大きさや目で見てすぐにわかるといった比較的大きめのガングリオンもあり、
常に痛みを伴う訳でもないようです。
ただ、大きくなってくると神経を圧迫するので痛くなる場合もあるようなので注意です。

何故このように変形してしまうのでしょうか。
どのようにできるのでしょうか。

スポンサーリンク

ガングリオンができる原因は?なぜできる?

ガングリオンができる理由は、実は解明されてはいないようです。

昔のケガや関節炎との関係性があるというような訳でもなく、特定の原因によるものでもないようです。
関節を動かしすぎることが原因とか、ストレスが原因でガングリオンができる、など、
色々な説はあるのですが、実際は確かな原因は不明とのこと。

手首、手背、膝のうらなどに出たり、靭帯や腱鞘、神経内、半月板のほか骨内にも発生します。
関節包、靭帯周辺の滑膜細胞、線維芽細胞などが繰り返し刺激を受けた結果、粘液を産生し小嚢胞が形成され、それらが集合してできると考えられています。
ふくろ状のガングリオンは関節や腱鞘につながっており、関節や腱鞘から送り込まれた関節液や滑液が濃縮され、
ゼリー状となって腫瘤のふくろの中に詰まっていると考えられます。

なので、ドクターにふくろの中を吸い取ってもらったものを見せてもらうと、黄色いゼリー状の液体のようなものを見せていただくことができます。

ガングリオンは痛みもなく、 袋の中に水が溜まって腫れているだけです。
決して、悪性のものではありません。
身体に悪影響を及ぼさない、良性の腫瘍です。
ですが、特に女性の場合には、見た目的に突然できたふくらみは排除したくなると思います。

次第に大きくなることや、突然縮小することもあるようで、軟らかいものから硬いものまであります。

通常は無症状なことが多いようですが、神経のそばにできると神経を圧迫してしびれや痛み、運動麻痺などを起こすようです。
また、ガングリオンが出来た部位、例えば手首などを使いすぎると腫瘤は大きくなることがあるそうです。

ガングリオンのつぶし方。自分で治す方法

自分で潰すのは危険です。

ガングリオンを自分で針を挿すと細菌に感染する恐れがあるので、とても危険です。
感染すると最悪の場合、化膿性関節炎になり関節が破壊されることもあります。

ガングリオンをつぶすのは簡単なようで素人でもできないことはありません。
昔は、思いっきり押しつぶす、という方もいらしたそうです。

スポンサーリンク

しかし、ガングリオンの場所によっては神経を圧迫して取り返しのつかない障害を発生させる原因にもなりかねませんので、
ドクターに診てもらうことおススメします。

自分で押しつぶすと、再発率が高いという意見もあります。
決して、素人判断でガングリオンをつぶしたりなさらないようにしましょう。

ガングリオンが治った実体験

こちらの記事にいただいたコメントです。

きょんちゃんさんが実体験のお話をシェアしてくださいました^^

ガングリオン治りました!
数年前に手の甲にでき、整形外科で吸引を繰り返していましたが、ついに消えました!

【その方法】
①整形外科にて吸引

②すぐに薬局で売っている外変拇指用のサポーターを手の甲に着用、
又は親指が入るガーゼサポーターを同様に着用

③さらに患部とサポーターの間に十円玉くらいの円形物で4、5mm厚
の物を挿入してガングリオンの膨らみを抑えるように内装

④これを気長に昼夜やりながら気長に経過を見る

⑤私の場合、今年1月にこの方法を試してから、2ヶ月後位には
ガングリオンが少しふくらむ程度におさまり、現在5月時点では
完治いたしました。

⑥外反拇指サポーターはやや装着感がきついので、夜は痛くならない
ガーゼサポーターを使いました。

悩んでいる方は一度試してみられてはいかがでしょうか?

とのことです。
実際に完治した人のお話はとても心強いですね。ぜひご参考になさってください。

ガングリオが今後できないようにするには?

見た目的にもガングリオンができると気になってしまい、排除したなら再発は避けたいものです。
身体に悪いもの、という訳でもありませんので。

ガングリオンができた人にはガングリオンが発生しやすい、体質、習慣が備わっていると考えられます。
ガングリオンという腫瘍は間接の酷使、もしくはリンパが詰まりやすい人に発生します。
そういった意味から、一度ガングリオンの発生した人というのはガングリオンが再発しやすくなります。

全くない、とは言い切れない気がします。
酷使してもできる方もいれば、できない方もいる。
そして、リンパの流れが悪い方もいれば、そうでない方もいる。

リンパの流れが悪い方は流れがよくなるように、努めてはいかがでしょうか。
血行を上げ、代謝をよくすることで、リンパの動きが活発になり、つまりにくくなるといわれています。

また、酷使される方はなるべく酷使しないように。
使ってしまった場合はマッサージなどして緩和させる、など、どのように効果があるかわかりませんが、
実際には再発しない方もいらっしゃるようです。

まとめ

基本、良性腫瘍が体に発生しても、心配する必要はありません。

良性腫瘍にも様々なものがあります。
腺腫・乳頭腫・ポリープ・嚢腺腫・線維腫・粘液腫・脂肪腫・骨腫・軟骨腫・平滑筋腫・横紋筋腫・血管腫、などです。

ただ、良性腫瘍の種類によっては悪性腫瘍へと変化するものもあるので、注意が必要です。
ドクターに相談しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. きょんちゃん より:

    ガングリオン治りました!
    数年前に手の甲にでき、整形外科で吸引を繰り返していましたが、ついに消えました!。
    【その方法】
    ①整形外科にて吸引
    ②すぐに薬局で売っている外変拇指用のサポーターを手の甲に着用、
    又は親指が入るガーゼサポーターを同様に着用
    ③さらに患部とサポーターの間に十円玉くらいの円形物で4、5㎝厚
    の物を挿入してガングリオンの膨らみを抑えるように内装
    ④これを気長に昼夜やりながら気長に経過を見る
    ⑤私の場合、今年1月にこの方法を試してから、2ヶ月後位には
    ガングリオンが少しふくらむ程度におさまり、現在5月時点では
    完治いたしました。
    ⑥外反拇指サポーターはやや装着感がきついので、夜は痛くならない
    ガーゼサポーターを使いました。
    悩んでいる方は一度試してみられてはいかがでしょうか?

    • akisa より:

      きょんちゃんさん
      実体験コメントいただき、ありがとうございます。同じ現象の方にもすごくためになるお話ですね!記事でもシェアさせていただきます!!