指を切った血が止まらない場合の応急処置。病院に行く判断基準は?

chigatomaranai

指を切ってしまった!これは日常の中の事故で一番多いもののようです。
包丁でも、カッターでも、ガラスでも切ってしまいますよね。

血が止まらないと慌てますし、軽くみてはいけませんが、看護師さんから
言わせれば大丈夫なので安心してくださいとのことです。

今回は指を切って血が止まらない場合の処置を調査してみました。慌てず
冷静に対処することですぐ血は止まります。覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク

指を切った血が止まらない場合の応急処置

まずは水洗いで消毒します。転んで泥が入ったなどの場合です。その後は
傷口が心臓よりも高くなるようにします。そして傷口をティッシュなどで
強めに抑えて止血します。

傷口が気になりますが、10分ほどは止血を続けます。血がにじんできた
場合はそのティッシュの上からさらにティッシュを重ねます。繊維が傷口に
入り込まないようにティッシュはちぎらずに使ってください。

血が止まった後は絆創膏などを傷口に貼ります。ちなみに指を切った場合
いきなり軟膏を塗ることは逆にばい菌が入りやすくなるのでやめましょう。

スポンサーリンク

さらに血を止めようとして指を縛るなどすると、逆に血の中に含まれている
殺菌成分が届かなくなることがあり、辞めた方がよさそうです。

※やらない方が良いこととは?

病院では「消毒液を振りかけてきました」と得意げに来られる方が多いそうです。
この場合、水で洗わずにキズドライなどをスプレーしてくる方がいるとか。

水で洗わずにキズドライなどを振りかけるのは最悪です。ばい菌や雑菌を閉じ
こめてしまうからです。そんな場合、病院では水をかけただけでは剥がれない
ので、ゴシゴシ洗われるそうです。

これは大人も泣くほど痛いのだそうですから、絶対にやらないようにして下さい。

指を切った血が止まらない場合、病院に行くかどうかの判断基準は?

難しい判断ですが、体験談を読んでいきますと、傷の深さで判断できます。
3~5ミリ程度であれば行かない方が多く、1センチほど深さがあれば病院へ
行った方が良さそうな感じですね。

指を切ること自体、甘く見ると酷くなりますので、気になるのであれば病院へ
行かれた方が良さそうです。ちなみに整形外科か形成外科に受診される方が
いいでしょうね。

ちなみに病院に行く前に必ず診てもらえるか確認すると良いみたいです。

まとめ

今回の記事は指を切った場合の応急処置と病院へ行く目安をまとめてみました。

意外と間違った対処法を行っておられる方は多いようです。
これを機に正しい処置を意識して実践してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする