指のさかむけができる原因は?治す方法やできないようにする方法

yubinosasamukegeninn

ストッキングを履いたときや、マニキュアを塗ろうとしたときなどに
「あれっ?いつの間にできちゃったの?」って気付く指のさかむけですが
どういう時にできてるかご存知ですか?

なんとなく、仕事が忙しくて疲れ気味のときに出来ているような気がするくらいで
ちゃんとした原因って知らないかもって方が多いのではないでしょうか。

今回は、指のさかむけがどうして出来ちゃうのかを調べてみようと思います。

スポンサーリンク

指のさかむけができる原因は?

原因は大きくわけて4つあります。
1)家事仕事や手洗い、入浴時のシャンプーなどの日常生活からくる手肌の乾燥
2)ネイルを毎日し続けていることが原因で指先が乾燥している
3)栄養不足
4)運動不足、体調不良など

主に、指先の乾燥が原因のようです。
家事仕事で水をよく使うや、事務仕事で紙をよく触る、栄養不足、寝不足などなど
乾燥を引き起こすきっかけはいろいろです。

指のさかむけを治す方法(薬など、処置の方法)

外出先で気付いた場合に、つい指で引きちぎりたくなるさかむけですが
正しい対処をしないとバイキンが入って、炎症を起こすこともあります。
たかが「ささくれ」と軽視しないで、見つけたら早く正しい処理をしましょう。

スポンサーリンク

■さかむけの正しい処理方法

1)細かいところがカットできるはさみ、または爪きりでも代用できます。
刃先をアルコールや消毒薬で殺菌します。

2)ささくれを根元からカットします。
ささくれは、引っ張らないようにカットしてください。

3)軽度なささくれの場合は、ハンドクリームなどで保湿します。
すでに傷になってしまっている場合は、傷用クリームを塗って絆創膏で保護しましょう。

■毎日のケア

1)手を洗ったら、しっかり水分をふきとります。
普段使っている化粧水やローションを手に馴染ませます。
2)ローションが乾いたら、次にキューティクルオイルをつけます。
3)最後にハンドクリームを塗ります。
ハンドクリームは手のひらで温めてから手全体に馴染ませるのが
ポイントです。

特に乾燥がひどい場合のスペシャルケアが必要な方は、綿やシルクの手袋を
その上にして保湿されるといいですよ。

指のさかむけができないようにするには?何に気をつける?

さかむけが出来るのは栄養バランスの取れた食事が出来ていない。
夜更かしが続いて睡眠不足やお酒の飲みすぎなどが考えられます。
これらに思いあたる方は、指先のケアと同時にストレスを溜めない生活をすることにも
気をつけてくださいね。

まとめ

知らないうちに出来てる「さかむけ」は、生活バランスが崩れた時に出来やすいことがわかりましたね。忙しい日々を過ごされている方は多いと思いますが、こまめにハンドクリームでケアをするだけでも予防になることもわかりました。
意外と痛いさかむけを作らないようにケアを続けてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする