顔から汗が止まらない。止める方法や、顔汗をかかないようにするコツとは

kaoasetomoruhouhou

ただでさえ暑いのに汗なんてかきたくない・・みんな思っていることですよね?
特に女性は顔に汗をかくと化粧崩れが起きるので、この辺は気をつけているはず。

今回は特に顔の汗を止める方法や、汗をかかないコツなどを色々まとめてみました。
すぐできる方法から、準備してやる方法などありますので、是非やってみてください。

スポンサーリンク

顔汗を止める方法(自分でできる方法)

◎ツボを抑える方法

「後けい」グーを作った時に飛び出る小指の付け根当たり

「陰げき」手の平を上にして小指側の手首の付け根から肘方向に1・5㎝の場所。

「合谷」人指し指と親指の骨が合流する所から人差し指よりのくぼみ

◎体温を下げる方法

ジェルやシート、扇風機など冷たいものを体に当てて体温を下げる方法です。
以下の場所は効果的に体温を下げてくれます。

首の後ろ、左鎖骨下、脇、太ももの付け根、ひざ裏など。
さらに手首、肘の内側、こめかみと耳の間、足首。

これらを冷やすとリンパ液や血液が冷やされて、体温上昇が抑えられます。

◎ハッカ油

これを使うことで皮膚に冷たい、寒いといった錯覚を起こさせ、清涼感を感じる
ことができます。実際には体温が下がるわけではないのですが・・・。

普通にハッカ油スプレーは売っています。でも作り方は簡単。ハッカ油はそのまま
では混ざりにくいので無水エタノールを10MLにハッカ油を5摘混ぜます。そして
水を90ML入れるとスプレーの出来上がりです。

スポンサーリンク

顔汗を止めるための薬や治療法はある?

◎プロ・バンサイン(プロパンテリン臭化物)

ファイザー製薬から出ている神経系の薬です。全身の汗を止める効果があると
されています。アセチルコリンという成分を抑制する働きをします。

この薬の効果持続時間は5時間ほどです。汗をなくしたい1時間前ほどから飲んで
おかれると良いと思います。1回1錠を3~4回服用します。

◎グランダキシン(トフィソパム)

多汗症の場合、自律神経との関係が深く、このバランスを整えると改善することが
多いようです。実践者の体験によるとまずは手の汗の量が少なくなることに気づき
気にならないようになりましたとのことです。

◎ボトックス注射

ボトックス注射はプロバンサインと同じくアセチルコリンの成分を抑制する働きが
あります。3日から1週間で効果が出てきます。1回の注射で約半年ほどの持続効果があります。汗の出やすい季節に行うと効果的です。

顔の汗をなるべくかかないようにするには?

少し応用やまとめな感じがしますが、以下の方法があります。

◎鼻の頭を冷やす

◎小指の爪の生え際の角をゆっくり揉む

◎ゆっくり歩く、普段の3倍。

◎たんぱく質の多い肉類を食べない

※ちなみに飲む量を減らしても汗は減りません。

まとめ

今回は顔に汗をかかないコツなどを調査し、まとめました。
意外と知らなかった方法や、うんちくなどあったでしょうか?

ちなみに私は汗をあまりかかない方ですが、逆に体内に熱がこもってしまい
あまり良くありません。適度に汗をかく方が良いかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする