アレルギー性鼻炎で眠くなりにくい市販薬の種類は?おすすめをご紹介

arerugibiennemukunai

花粉が舞うこの時期にアレルギー性鼻炎のお薬は手放せませんね。お薬の種類は
本当にたくさんありますが、多くの方が望まれるのは「眠くなりにくい」お薬です。

お仕事や運転などを考えると、これは必須のように感じます。今回はアレルギー性
鼻炎で眠くなりにくい市販薬の種類をお伝えします。お薬の種類だけではなく
眠くなりにくい薬の見分け方も調査しました。

スポンサーリンク

アレルギー性鼻炎で眠くなりにくい市販薬の見つけ方は?

確かに膨大な数の市販薬の中で眠くなりにくいものを探すのって大変です。
ただ幾つかの説明書の記載に注意すれば見つけやすくなりますよ。以下の
情報を参考にしてみてください。

◎説明書に実際に「眠くなりにくい」と書いている。

◎説明書の副作用に「眠気」がない場合。

◎龍角散鼻炎カプセルは眠くならないと評判。

アレルギー性鼻炎で眠くなりにくい市販薬のオススメは?

◎ロ―トアルガード鼻炎ソフトカプセルEX20カプセル

アレルギー性鼻炎のお薬全体と比べると、眠くなりにくいとの評判で
カプセルで飲みやすいお薬です。

スポンサーリンク

◎ロ―トアルガード鼻炎内服液ZⅡ

これは実際に説明書きに「眠くならない」とあり、実際に効果もあるようです。
カプセルはカプセルですが、縦長のものではなく、なんとボール錠なんです。
飲みやすさの点でも他と少し違いますね。

◎龍角散鼻炎カプセル20カプセル

上記でも説明しましたが、鼻炎の薬の中でも龍角散はなぜか眠くならないという
評判が高いのです。しかも説明書きに「口が乾きにくい」とあります。
眠くならないだけでなく、変な副作用がないのも特徴です。

◎アレグラFX

鼻炎のお薬ですが、説明書きの副作用に「眠気」が入っておりません。なんと
パイロットの方が飲んでも大丈夫とのお薬であり、眠気の点では一枚上手です。
元々は処方箋だったものなので専門性も高いです。

※抗ヒスタミン薬では眠くなりやすい人がたくさんいるようです。
抗ヒスタミンのないお薬の中にはケミカルメディエーター遊離抑制薬、
抗プロスタグランジンD2、トロンボキサンA2、抗ロイコトリエン薬があります。

まとめ

今回はアレルギー性鼻炎のお薬で眠くなりにくいものを幾つかあげてみました。

最後にどのお薬でもやっぱり眠くなってしまうという方に秘訣を一つ。
それは内服液ではなく、点鼻薬を使うという方法です。
一度是非試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする