子供の熱が上がったり下がったりが5日から一週間続く原因は?対処法は?

kodomonetsu

子供ってよく熱を出しますよね。
ほとんどの場合、熱が出るのは1,2日だけで、あとは熱もだいぶ下がってくれるのですが、

場合によって、熱が下がったと思いきやまたすぐに上がったり
なんだか安定せず、一向に完治しない。という時もあります。

これが長い期間続いてしまうと不安に感じますよね。
熱が上がる下がるを繰り返す原因は何なのか?またこういった場合の対処法についてお話していきます。

スポンサーリンク

子供の熱が上がったり下がったりが5日から一週間続く原因は?

多くの場合、発熱の原因は、体に侵入してきたウイルスやばい菌などの病原体に対抗して戦っているからです

もうひとつは、ウイルスは熱に弱いので、発熱してウィルスの増殖を抑えるという意味もあります。
生命のメカニズムって素晴らしく良く出来てますよね。

ただ、これが3日以上も続くようであれば違う原因の可能性もあるので、医療機関で受診して確認しましょう

熱が下がっている時の対処法は?

衣類を重ね着させたり、布団を何枚か重ねるなどして、手足や体を温めましょう。

白湯を飲ませると体の中から温まります。
もちろん、子供が飲みやすい温度であげて下さいね。

熱が上がっている時の対処法は?

無理に熱を下げようとすると逆効果の場合があるので、お水を
あげたりしながら、緩やかな変化になるようにして下さい。

スポンサーリンク

『発熱』は自然治癒力の発動でもあります。
子供の体内では激しい攻防戦が行われています。

病院に行かないとor入院しないと治らないの?

風邪の場合は37~38度で推移し、数日で下がるのが普通です。
ただし、インフルエンザなどは急な発熱の場合が多く、38℃以上
の高熱が何日も続いたりします。

42度台にまで達しない限り、熱によって子供が重篤な症状になる
ことは稀であるとも言われますが、なんだか境界線をウロウロ
してるようで落ち着かないという場合もあるでしょう。

そんな時は迷わず病院に行って下さい。
それが時間外のタイミングなら、下で紹介している
『小児救急電話相談』を利用しましょう。

まとめ

夜間に症状が出てしまった時、初めての子供さんなら不安も大きいと思います。
もうどうしたら良いかわからない、という場合は『小児救急電話相談』を利用しましょう。

小児救急電話相談

『小児救急電話相談』は厚生労働省が設置している真夜中の子供の
体調110番です。判断に迷った時に小児科医師・看護師に相談できます。

富山県の受付時間が素晴らしいです。
19:00~翌朝9:00 ステキですね。

23:00で終わっちゃう県もありますが、要は専門家のアドバイスがいただけたら良いので、
事情を話して他府県にかけて教えてもらうというのが裏ワザになります。

心配な場合は遠慮なく聞いてみましょうね。

お子さんも早く完治すると良いですね。

スポンサーリンク