膀胱炎で血尿がひどい、止まらない。期間はどれくらいで治る?

supli1

お仕事や育児に追われ、
ついお手洗いを我慢しがちになってしまう女性は多いもの。
また、異性との性行為時など身体的に女性は男性と比較して尿道が短いので、
肛門や腟が近いところに尿道があるため、
どうしても不潔になりやすく、また、細菌が侵入しやすいのも特徴。
取り分け、女性に起こりやすい病気のようです。

スポンサーリンク

膀胱炎の血尿の程度について。ひどいけど膀胱炎ってこんなもんなの?

一般的に膀胱炎と言われているのは
『 急性膀胱炎 』
まず頻尿が起きます。
普段なら1日4~5回、
多くても10回程度お手洗いが、
膀胱炎にかかると10回以上、
それも昼夜構わずトイレに行きたくなるようです。

ひどくなると、
お手洗いから出た途端、
すぐにお手洗いに行きたくなり、
お手洗いから離れることが不安に、など、
精神的にも苦痛を伴う病気。

また、排尿時、もしくは排尿後に強い痛みを感じたり、
排尿後の残尿感など残ることも。
更にひどくなると、
尿混濁が起きるそうです。

これは白血球が血管から出てきたもので、
膀胱の中に入ってきた細菌と戦った証拠ともいえます。

また、血が尿に交じってた場合は、
『 出血性膀胱 』
残尿感や微熱を伴うことも。
主に子供がかかりやすいそうです。

もしかして、
治りきらなかったかも、と思われる時は、
『 慢性膀胱炎 』かもしれません。

急性膀胱炎が治りきっていないまま、
そんなにお手洗いに行きたくなくなった、とか、
痛みがなくなったから、とか
でお薬や治療をやめてしまうと、
細菌が完全に膀胱から消えずに実は居ました、と
いうことが起きたりするそうです。

その上、
昨今、『 間質膀胱炎 』という
原因不明の膀胱炎も増えてきているそうです。

スポンサーリンク

薬をもらって飲んでいるけどなかなか止まらないけど大丈夫?

たとえば、処方されたお薬を
例であげるなら、

セフェム系やニューキノロン系などの
抗菌薬を3日〜1週間程度内服したり、など、
通常は、1週間以内に症状が改善するそうです。
治療中は十分な水分補給を。
尿量を増やし、
雑菌も一緒に流しだしてしまいましょう。

また、お薬を服用するだけでなく、
身近にできることもあるので、
気にかけてみてはいかがでしょうか?

再発しないため、
早く治すためにも、
水分をしっかりとって、
排尿をがまんしすぎない。

排尿・排便後、前から後ろに拭いてみる、とか、
性交後には、早めに排尿する、とか、
ムードもあることなのですが、
ちゃんとお互いを大事に思えばこそ、だと思いました。

もちろん、
漢方薬や抗生物質を内服し、
予防することも可能だそうです。

抗生物質は、
お医者さまとご相談され、
菌の種類をよく調べたうえで、
少量を毎日使用することをお勧めします。

閉経後の女性は女性ホルモン剤を用いると
有効な場合もあるようで、
やはり、
産婦人科の先生と相談が大事です。

膀胱炎の血尿はだいたい期間はどのくらいで治る?

ウイルスが原因の場合、
潜伏期間は10日程度で、
自然治癒するそうです。

また、
痔出血や月経血が混じっていることはないか、
お身体とお話をしましょう。

もし、病院に通っている方は、
どのようなお薬を服用しているかなど、
確認することも大事です。

濃縮尿や薬剤による
着色尿(栄養剤を飲んだあとなどの尿)を
血尿としていたり、
検尿では、
外観・赤血球の有無、形態を確認し、
出血性膀胱炎かどうかを判断するそうなので、
確認しましょう。

まとめ

近年、『 間質性膀胱炎 』という病気もあるそうで、
診断はとても難しいものになっているそう。
まずは急性膀胱炎と判断されて
抗生物質を投与されたのに、
一向に症状がよくならない、
別の科にタライマワシにされ、
心因性頻尿という精神的ストレスで頻尿になる病気と誤診されることも。
それほど、まだ知られていないそうです。

こういう機会だからこそ、
自分のお身体と向き合い、
ちゃんと相手に伝え、
改善していきたいものですね。

スポンサーリンク

コメント

  1. 山岡純也 より:

    僕も、今わずかながら血尿が出ています。7月24日17時頃から発生しています。排尿中は普段通りですが、排尿しきった後に一時的な痛みがあり、その直後に3~4滴程度の血尿が出ます。それほどひどくはないようですが、それでも血尿に悩まされています。早く治って欲しいです。