肩こりと歯痛がひどい原因は?解消のツボと治療法について

haita

肩こりがするなと思ったら歯が痛くなった。
何度かこういうことが続くと「?」と思っちゃいますよね。

でも、これにはちゃんと理由があるんです。
わかればスッキリ。
肩こりと歯痛の関係をまとめてみました。

スポンサーリンク

肩こりと歯痛の両方する原因は?

肩こりと歯痛がセットになって表れるケースはよく見受けられます。

<肩こり>

人間の頭の重さは約4㎏あります。
体の軸の真上に頭が乗っている姿勢では肩こりにはなりません。

首が前傾して軸からずれると慣性モーメントがかかって首や肩に
負担がかかります。この負担を支えるために肩や首の筋肉が
緊張します。この筋肉の緊張が肩こりの原因になります。

パソコン仕事や車の運転など、首が前傾する仕事で肩がこるのは
こんなメカニズムなんです。

<肩こりと歯痛の関係>

首が前傾すると、構造上、下顎は首の方へと引っぱられます。
この時、下顎に乗っている歯も一緒にずれます。結果的に
噛み合わせがずれることになります。
噛み合わせがずれると、歯が痛くなる症状が出てしまうのです。

自分でできる解消法は?(ツボ・マッサージ、ストレッチなど)

それでは緊急の歯痛解消法を紹介しますね。
お正月とか、歯医者さんが休みの時などに有効ですよ。

合谷(ごうこく)という痛みのツボを刺激します。
合谷は、手の人差し指と親指の骨の合流点から人差し指方向に
少しずれた所にある“くぼみ”です。

スポンサーリンク

この合谷を反対の手の親指と人差し指で痛いぐらいに円を描く
ように揉み込みます。
左右の手を交互にやって下さい。

オススメは爪楊枝を束ねてやる方法です。
爪楊枝を丸く束ねて、これも痛みを感じるぐらいまで押して
ツボを刺激して下さい。

これと並行して、肩甲骨ストレッチをやると良いと思います。
歯痛のツボと肩の双方向からリラックスを促すことで、痛みも
早く軽減されるでしょう。

効果的な治療法ってある?

効果的な治療法としては、逆をたどるという方法があります。
ずれた下顎を元に戻すという方法です。

整体などに行って下顎のズレを解消したとしても、姿勢そのもの
を直さないとまた同じことの繰り返しになってしまう可能性が
高いので、姿勢の矯正も視野に入れましょう。

パソコンをよく使うお仕事の場合は、大きめの画面にして
横に2つ並べると良いです。デュアル画面という方法です。
2つの画面を見るために背筋を伸ばさないといけないので
必然的に姿勢が良くなりますよ。

会社のデスクワークなら、時々立って、天井に向かって
引っ張られるように両腕を伸ばすとか、肩甲骨ストレッチ
をするとか、いろいろ工夫してみましょう。

まとめ

どうやら、虫歯でもない歯痛は肩こりを疑ってもそうそう
はずれではなさそうです。

肩こり対策になる場合が多いかと思いますが、こんな時は
すぐ病院に行くのではなくて、自分の体の自然治癒力で
直せないかトライしてみましょう。
意外と有効な方法が見つかるも知れません。

お薬はできるだけ避けたいところです。

スポンサーリンク