下痢が続く原因は?腹痛あるなしの違いと、対処法や薬について

gerigatudukugenin

下痢が慢性的に続くことってないですか?しかも腹痛がある時とない場合って
ありませんか?こんな下痢は何が原因なのかを調査してみました。

食事の対処法や効果的な市販薬などもまとめてみましたので、ご覧ください。

スポンサーリンク

下痢が続く原因は?腹痛があるなし関係ある?

下痢が続く原因としては、腸の中に細菌やウイルスが入ることで働きが活発に
なります。そのため腹痛が起き、そのウイルスが外に出ると腹痛は収まります。

問題は腹痛が慢性的にあるものの、腹痛がある時とない時がある場合です。これ
らは過敏性腸症候群の可能性があります。もしかすると腹痛の時って以下の場合では?

通勤など移動中
食事をした後
トイレがどこにあるか分からない時
大事な話をしている時

このようにすぐにトイレに行けない場合は、その恐怖でストレスにかかり、腹痛に
なってしまいます。精神的なことが大きく影響しているようですね。

下痢が続く場合の対処法は?(食事、その他)

◎原因を病院でしっかり見極める

スポンサーリンク

下痢が続く原因というのは一つではありません。まずは病院でしっかり判断して
もらいましょう。ちなみにまずは消化器科を受診されるといいかと思います。

◎大腸を刺激する食事を避ける

腹痛は大腸の過激な運動により起こるので、大腸を刺激しない食事をすることです。
冷たい飲料水、氷菓子、香辛料、脂質の高いものなどです。消化に悪いと思われる
ものも避けた方がいいでしょう。

基本的に食べ過ぎなども腹痛を引き起こします。逆に食物繊維は粘膜を保護する役割があるので、下痢は起こりにくくなるでしょう。便の硬さも調整してくれます。

下痢が続く場合に飲める薬はある?

◎ビオフェルミンなどの整腸剤

高濃度の納豆菌が悪い菌をやっつけてしまい、乳酸菌が良い菌を活性化します。
納豆菌はすごい繁殖力を持ちますので、効果的です。効き目は強いかというとどちらかと言うと弱いのですが、体に優しい特徴があります。持続が大事ですね。

◎ロペラマックサットやトメダイン

ストレスからくる下痢や冷えからくる下痢に効果を発揮します。注意点として食当たりや食中毒からくる下痢の場合は使用を控えてください。下痢を止めることで病原菌を体に残してしまう可能性があります。

まとめ

今回は腹痛がある場合とない場合の下痢が続く原因などを調査してみました。

かなりの場合、ストレスなどが原因であることが多いようです。
食事や腸内を整えることも大事ですが、ストレスを抱えない環境を
整えるのも大事ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする