喉がイガイガで咳が止まらない。これを治す方法は?

nodo-igaiga

風邪でもないんだけど、体調も悪くはないんだけど、なぜか
現れる喉のエヘン虫(古い? 笑)。

気になり出すとなかなか頭から離れてくれませんよね。
会議中とか、お客様との電話中とかだとちょっと厄介です。

わざわざ気になって咳をしてみたりはするも、全然おさまってくれない。

喉のイガイガを止めるための豆知識をチョコッとまとめてみました。
参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

喉がイガイガする原因は?

冬になると湿度が低下するので乾燥した日が多くなります。
で、のどに何かが引っかかったような感じがするようになります。
いわゆる“喉のイガイガ”です。

咳も伴うようだと風邪も疑われますが、喉のイガイガだけって
いう人もけっこう多いんですよね。さて、毎年冬になると姿を現す
このイガイガの正体って一体何なんでしょうね。

考えられる原因としては、

・最近やウィルスなどの感染症
・アレルギー性の反応
・寒暖の差(体感温度の差)による体の反応
などが考えられます。

喉のイガイガ、何か喉に張り付いているような感じを治す方法は?

感覚的にもハチミツ大根がおすすめです。喉のイガイガを洗い
流してくれるってイメージも湧きますね。

スポンサーリンク

作り方は、

・サイコロ大に大根を切って、手頃な瓶に7割程度入れる
・ひとつまみの塩を入れ馴染ませる
・大根が浸るほどのハチミツを入れる
・大根のエキスとハチミツをムラなく混ぜる

これでハチミツ大根の完成です。
そのまま飲んでも薄めて飲んでもオッケーです。

スーパーなどで手軽に手に入る青首大根はまだまだこれからが
旬です。新鮮なハチミツ大根が作れますよ。

咳き込む、咳が止まらないのを治す方法は?

咳は、粘膜に付着した異物を外に排出するために必要な体の作用
ではありますが、頻繁に長時間続くと面倒です。

●薬なら、新ブロン液エースがあります。
喉に絡んだ粘り気のある痰を薄めて排出を促す効果があります。
シロップ剤だから、薬剤の味が口の中で広がります。これを敬遠
する人もいますが、鼻をつまんでグイッと飲んじゃって下さい。

●お手軽に出来るところで、塩水を使ったうがいという方法が
あります。
ぬるま湯に濃い目に塩を溶かして、30秒程度のうがいを数回
繰り返しましょう。塩は自然塩を使って下さいね。

まとめ

喉のイガイガ、っていうと、「あぁ、アレね。」レベルな症状では
ありますが、考えられることはやってみたのになかなか治らない
という場合はお医者さんに相談して下さいね。

効果のないことを頑張るというのは時間の無駄になってしまい
ます。快適な環境を手に入れることを優先しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする