足の裏に汗をかきやすい場合、量を抑える方法は?原因や治療法について

ashinoura-ase-osaeruhouhou

足の裏に大量の汗をかいてしまうと、ニオイが出たり痒みも伴ったりと仕事上でも大変な
弊害が出てしまう恐れがあります。何でこうなるのだろう・・?そうお悩みではないですか?

今回の記事は足の裏に大量の汗をかく原因と対処法についてまとめてみました。
治療法については様々なものがありますが、自分に合った対処しやすいものから
初めてみてください。

スポンサーリンク

足の裏に汗をかきやすい場合の対処法は?汗の量を抑える方法はある?

足の裏に汗をかきやすい場合は多汗症などの病気と精神的な緊張で発汗する精神性発汗と
呼ばれるものに分かれるようです。以下に精神性の場合の汗の量を抑える方法について
箇条書きでお伝えしますね。

◎腰を抑える。

汗には半側と呼ばれる性質があります。汗が出る反対側を抑えたり圧迫すると汗が止まる
というものです。これを利用して足の汗を止めるには腰を抑えることが効果的です。
手で抑えることもできますし、ベルトを締めることでも効果を発揮します。

◎靴のサイズを自分に合ったものにする

靴のサイズが合っていなかったりすると、ストレスを感じ汗が出やすくなります。大きく
ても、小さくてもその原因となります。余計な汗を出さないように一度チェックしましょう。

◎体の一部を冷やす

太い血管のある部分を冷やすと体全体が冷えて汗を抑えることができます。
首の後ろや膝の裏、太ももの付け根などを冷やしてみましょう。

スポンサーリンク

足の裏に汗をかきやすい、量がすごい原因は?体質?病気?

足の裏の汗には幾つかの病名が付けられており、ほぼ同じものですが、多少なりとも
異なっているようです。交感神経が強く出るものが主になっています。

◎足蹠多汗症―交感神経が敏感なため

◎足底多汗症―ストレスに敏感なため。緊張とは無関係に出る場合も。

足の裏に汗をかきやすい場合、何か治療法などはある?

◎塩化アルミニウム外用

塩化アルミニウムの水溶液を汗の気になる場所に塗ります。通常、就寝前に塗ります。副作用は
長期間使用すると、かぶれたり、痒みなどが出てきます。通常は医師の処方が必要なんですが、
デトランスαという商品名で販売されています。

◎水道水イオントフォレーシス療法

水が入っている専用の機器に足を入れて弱い電流を流し一定の時間浸します。保険が適用でき
ますが、日本ではまだ一般的ではありません。そして週2回通院する必要が生じます。
汗孔が潰れることにより汗の量が減っていきます。

◎ボトックス注射

ボツリヌス毒素を患部に注射します。比較的に効果が高いですが、保険適用外で半年ほどで
効果が薄れてきます。20万ほどの費用が必要。半年に一回の注射で汗を抑えられるならば
効果としては高いのかもしれません。

まとめ

今回は足の裏にかく大量の汗の原因と対処法について調査してみました。原因としては
交感神経が強く出ているためのようですが、特に深刻な影響が出るわけでありません。

ただ汗を大量にかくこと自体、本人とってはすごく苦痛ですよね。わたしも尋常ではない
汗のかきかたをする友人を知っていますが、なんとかしてあげたいと思います。

注射なども高額ではありますが、1年に2回という手軽さから考えると試してみる価値は
ありそうです。なんとか保険適用に切り替えてもらえるように国として対策してほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする