元気なカラダ

Just another WordPress site

マイコプラズマ肺炎の症状は?潜伏期間と感染、治療法について

      2016/12/31

hanamizu

マイコプラズマ肺炎は、Mycoplasma pneumoniae による肺炎で、
市中肺炎(community‐acquired pneumonia)の15~20%を占めます。

初秋~冬に多い傾向がありますが、それ以外にも散発的に発生し、
以前は、4年に1度流行し、それがオリンピックと重なっていたので、
「オリンピック熱」とも呼ばれていましたが、
最近は流行が平均化しています。潜伏期間と感染、治療法についてお話していきます。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎の症状は?

発熱や全身倦怠、頭痛などが3~4日続きます。
最初は乾いた咳が出て、だんだんと咳がひどくなり、徐々に痰(たん)がからみだし、
ひどい時には、痰に血が混じることもあります。

熱が下がっても、咳は3~4週も続きます。
30~40%に軽度の肝障害を示し、寒冷凝集素価が高いと溶血性貧血を合併します。

その他の症状として、吐き気、嘔吐、下痢の消化器症状を起こしたり、
中耳炎、筋肉痛、関節痛、発疹などが出る場合もあります。
小児では脳炎、髄膜炎、ギラン・バレー症候群(Guillain‐Barre´ syndrome) などの
神経系合併症、
皮膚ではスティーヴンス・ジョンソン症候群( Stevens‐Johnson syndrome)、
多形滲出性紅斑、
その他、心筋炎、鼓膜炎、中耳炎、関節炎などが合併症としてあらわれることがあります。

マイコプラズマ肺炎肺炎の潜伏期間は?

一般的に潜伏期間は約2~3週間、長くても4週間程度と言われています。
潜伏期間中は第三者への二次感染を起こす時期でもあります。

マイコプラズマ肺炎は、実際にはそれほど強い感染力を持たないのですが、
流行を起こすのは、この潜伏期間が長く、気付かぬうちに、
感染を広めてしまっているのも関係しているようです。

マイコプラズマ肺炎肺炎の感染経路は?大人にも感染する?

接触感染(せっしょくかんせん)や咳による飛沫感染(ひまつかんせん)で伝播し、
濃厚接触により、家庭や学校などの閉鎖的な環境で流行します。

子供に多く見られる感染症ですが、大人でも感染することがあります。
症状は子供と同じような症状ですが、咳は湿った咳になりやすいといわれています。
成人までに97%がマイコプラズマの感染を受けています。

マイコプラズマ肺炎肺炎の治療法は?

予後(よご)は一般に良好ですので、自然治癒を待つのも一つの方法です。
水分をしっかり補給し安静を保つことで、
風邪(かぜ)よりは少し長びくかもしれませんが、治ることが多いようです。

スポンサーリンク

病院に行くと、治療はマクロライド系、テトラサイクリン系抗生物質を投与します。

ただ、野生におけるマイコプラズマの約15%はマクロライドに耐性を持っていると
言われていますので、マクロライド系以外の抗生物質が使われることも多いようです。
ケトライド系、リンコマイシン系、ニューキノロン系薬剤も使われます。

また、閉塞性気管支炎(bronchitis obliterans)を併発、
陰影が広汎で呼吸不全を伴うなど
経過によってはステロイドを併用します。

マイコプラズマ肺炎に漢方薬が使われることもあります。
漢方薬というと、慢性病に使われるイメージがありますが、
西洋医学が導入されるまでは、肺炎などの急性病に対しても
漢方薬や民間薬で対応していました。

マイコプラズマ肺炎に良く使われる漢方薬としては、

マイコプラズマ肺炎に良く使われる漢方薬

麻黄湯(まおうとう)、小柴胡湯(しょうさいことう)、柴陥湯(さいかんとう)、
小青竜湯(しょうせいりゅうとう)、麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)、
清肺湯(せいはいとう)、麦門冬湯(ばくもんどうとう)、
白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)、竹筎温胆湯(ちくじょうんたんとう)、
苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)、
麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)、大青竜湯(だいせいりゅうとう)、
真武湯(しんぶとう)、四逆湯(しぎゃくとう)、喘四君子湯(ぜんしくんしとう)、
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、梔子豉湯(しししとう)

などがあります。

一般に、初期には小青竜湯、
舌に白い苔(こけ)ができ、食欲が無く、
咳や呼吸困難がそれほど激しくないものには小柴胡湯、
便秘し、譫語(うわごと)を言うようになったものには桃核承気湯、
老人や虚弱者には真武湯・四逆湯などが用いられます。

まとめ

http://youtu.be/oOLHfNOlRhw

肺炎は死亡原因の4位になっていて、
特に65歳以上の高齢者では注意が必要です。

ただ、ここであげたマイコプラズマ肺炎は、
予後は良いとされていますので、
それほど心配する必要はありません。

不規則な生活やストレス、疲労などは、免疫力を低くし、
マイコプラズマ肺炎にかかりやすくなります。
これを防ぐために、バランスのとれた食事をとり、
規則正しい生活を送り、十分な休養をとりましょう。

マイコプラズマ肺炎の予防方法は、
インフルエンザなど、他の感染症の予防にもつながります。
食事と生活リズムの気をつけて、この冬を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

 - 胸・肺

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

免疫力を高める方法は?運動や食べ物は何がある?

健康に関する事柄は、年齢が高くなってくるに従って関心事のトップのひとつに 数えら …

大人のぜんそく発症する原因は?発作の対処法と治療法について

スポンサーリンク 大人で喘息を患っている方は是非見ていただきたいです。大人喘息は …

no image
人間ドックオプションのおすすめ女性の場合。選び方も教えます。

現在は、運動をしたり、食事に気をつけている方も多いとは思います。 しかし、客観的 …

心臓に良い生活をしたい。心臓に良い食べ物飲み物ってある?

心臓は人間の生命活動の中枢となる臓器です。そのため心臓に起こる病気は生命に かか …

痰に血が混じる原因は?単なる風邪?何かの病気?

風邪(かぜ)を引いた時などに痰(たん)は出ますが、 時に血が混じっていたりすると …

お酒を飲むと動悸がして息苦しくなるのはなぜ?何かの病気?

スポンサーリンク 何となく気にはしていたけれど、今までやり過ごしていた。 お酒を …

RSウィルスとマイコプラズマ肺炎の違いとは?どう見分ける?対処法は?

スポンサーリンク これからの季節は、一年で、一番寒くなりますね。体調を崩さないよ …

マイコプラズマ肺炎の安静期間と出席停止期間はどのくらい?

マイコプラズマという微生物によって引き起こされ、 肺炎球菌による老人に特有な肺炎 …

子供の肺炎と気管支炎の症状、どう見分ける?違いは何?

スポンサーリンク 風邪の原因となるウィルスは、鼻や喉などの粘膜から侵入して きま …