めまいでふわふわ立ちくらみや吐き気は何科?これを治す方法は?

memai-tatikurami

「めまい」がするとはよく聞きますが、実際に自分がなってみると、不安な気持ちで一杯になります。
自分どうなってしまうんだろう・・?と。そんな体験をしたことありませんか?

今回は「めまい」の中でも雲の上を歩いているような「ふわふわ」な感じは何科を受診すればいいのか?
治す方法などを調査してみました。すぐに対処できる方法も書いていますので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

めまいでふわふわ立ちくらみ吐き気がするのは何科を受診すればいいの?

ふわふわな感じの「めまい」は動揺性と言われるものです。この中にはゆるやかに進んでいく脳神経の
病気が原因のこともあるので、脳神経外科を受診されるのが良いかと思います。

貧血や低高血圧症、糖尿病などの内科の病気が原因の動揺性めまいもありますので、
この場合も頭に入れておくと良いかと思います。

めまいを治す方法は何がある?

ためしてガッテンで紹介されていた内容をお伝えしますね。番組の中では、めまいの原因となるものが実は
耳石(じせき)という耳の奥にある体のバランスを取るのが役目のものです。

この耳石が老化などの現象によって欠けることがあるそうです。それが三半規管にはいり、感覚毛を刺激
してしまう。これで揺れていないのに「揺れている」と判断され、めまいを引き起こすのだという。
以下の方法でこの耳石が細かく砕かれて小さな粒になり影響を及ぼさなくなります。

スポンサーリンク
◎布団の上に寝る

◎顔を横に向けて10まで数える

◎顔を元に戻し、10まで数える

◎顔を最初とは反対側に向けて10まで数える。

この寝返りを繰り返しながら10まで数えると「めまい」が解消されます。

※すべての「めまい」がこれで解消されるわけではありません。

めまいを軽減する食べ物や飲み物は??

めまいの原因は、体が原因なことがほとんどです。体の悪いものを追い出すための、吐き気が伴う場合が
あります。なので生活習慣を見直すだけで改善することがあります。実践されて結果を出された方がいますので
間違いありません、以下の方法を試してみてください。

食べ物を変える(レトルトや加工食品から野菜や果物、発酵食品や玄米など)

できるだけ自然のままで調理されていないものを中心に1週間ほど食べてみてください。しかも食べ過ぎず
バランスを保って、よく噛んで食べることでかなり調子がよくなっていきます。

食事の30分前に水を飲む

水を飲むことで毒素を早く排出することができます。できれば一日少しずつ1~2リットルほど飲むことが
勧められておりました。食後1時間は飲まないようにすると、消化不良で体に負担をかけないですみますよ。

朝、果物を食べる(レモン果汁やリンゴがおススメ)

低血圧による「めまい」であれば頭に血液が行っていません。なので、朝に果物を食べることによって
糖分がすぐに血糖値をあげて脳に血液がいきます。こうすれば貧血もおきません。

まとめ

今回は「めまい」の解消法を幾つかまとめてみました。実は病院に来られる患者さんの実に半数以上は
自宅で改善できるものだということです。もし「めまい」で悩んでおられるならこの記事にあるストレッチ
を試してみてから病院に行くのも遅くはないでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする