子供の土踏まずが痛い原因は?治す方法と痛みを軽減する方法

子供の土踏まずが痛い原因って何があるでしょうか?時折、子供たちが足の
裏の痛みを訴えてくることがあります。原因は様々ではありますが、見極めて
対処してあげましょう。

今回は足の裏の痛みの原因と対処法、軽減法などをまとめてみました。

スポンサーリンク

子供の土踏まずが痛い原因は?

土踏まずが痛い原因としては、ほとんど足の裏側がにある足底筋膜という
組織に問題がある場合がほとんど。過度に走ったりジャンプしたりすると
炎症が起こり痛みが起こりやすくなります。

プロの選手にもよく起こる原因です。また逆に運動不足でも痛みが出る場合が
あります。更に肥満であるとか、関節炎、悪い姿勢などでも起こることがあります。

ここでは土踏まずが痛い場合ですが、そこをペン先で押して痛む場合は
消化器官とつながっているために、胃やすい臓、十二指腸などが悪く
なっていることもあります。

子供の土踏まずが痛いのを治す方法

以下にはアイシングの方法を書いていますが、これは炎症を抑えるためであり
炎症、ほてりを確認しつつ行うことができます。ただ足底筋膜の場合はこれまでに
積もり積もった疲労による炎症が原因の場合があります。

スポンサーリンク

この場合は冷やすのではなく、慢性化に対処するため温めることが必要になります。
血流をよくして温めることができるように、お風呂に入ったり、足湯につかるなど
しっかりケアします。

部屋にいる時は足だけでなく全体的に温かい格好をして、温湿布なども貼れます。
立ちっぱなしとか座りっぱなしではなく時折、横たわったり椅子の上に足を置く
などを行います。

子供の土踏まずの痛みを軽減する方法

足底筋膜が炎症を起こしている場合であればアイシングで鎮めることができます。
しかし冷やす過ぎも体に良くないので、目安は20~30分に設定しておきます。
当然ながら氷そのものを当てずに、タオルや袋を当ててみましょう。

◎足底筋膜炎のストレッチ

片膝を立てて座ります。そして膝に両手を当てて、胸を膝に当てるように前に
押し出すようにストレッチをかけます。この時に踵が上がらないのがポイント。
10秒から20秒行います。

次に四つん這いになります。両手を突いたまま足を伸ばし、片方をクロスさせます。
ポイントはクロスさせていない足の方は踵がついてることを確認します。
ふくらはぎが伸びていることを感じながら10秒から20秒行います。

まとめ

今回は子供の土踏まずの痛みの原因と対処法を調査しました。

よく冷やす、温めるなどの方法は良く出てきますが、よくよく見極めないと
逆効果になりますので、注意なさってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする