風邪薬と酒の飲み合わせに注意!間隔は何時間あけるべき?

kazegusuri-osake

やれ飲み会だ、やれ新年会だ、
風邪薬飲んで行けば酒飲んでるうちに治っちゃうだろう、
周りの雰囲気に飲まれちゃったこんな行動は謹んで下さいね。

風邪薬とアルコールの併用で病院行きになる人は毎年います。
その後どうなったのかまではわかりませんが。。。

やっちゃダメよ、って専門家が言ってることは素直に従うという
ことも大事です。
後悔先に立たずを後になって実感しても遅いですからね。

スポンサーリンク

風邪薬とお酒を一緒に飲むとどうなる?なぜ注意が必要なの?

風邪薬とお酒を一緒に飲むと、最悪どうなるのか?

意識障害や昏睡状態に陥る

市販の風邪薬の説明書の多くに「アルコールとの併用不可」と明記
されています。お医者さんの処方箋にも書かれていますね。

何故そんなことが書かれているのか?
答えは、危険の可能性があるから、です。
大丈夫だろう、という軽い気持ちで併用しちゃうと万が一の事態を
自分で招くことになりかねません。気をつけましょうね。

スポンサーリンク

肝臓が機能不全になる

毒素を分解してくれるのが肝臓のメインの仕事ですが、風邪薬と
アルコールのダブルアタックで肝臓が機能不全になるケースもあります。

肝臓が機能しなくなれば毒素はフリーパス状態となり、急性の中毒
に発展する可能性もあります。

風邪薬とお酒を一緒に飲んでしまった!この場合はどうしたら良い?

「風邪薬とお酒を一緒に飲んでしまいました。大丈夫でしょうか?」
とQ&Aサイトに書いて返事が来るまで大丈夫なら大丈夫でしょう。
と、まぁ半分冗談みたいな答えになってしまいますが。。。

実際に一緒に飲んでしまった場合は、薬の効果が強くなったり
弱くなったりします。その範囲でおさまればラッキーですね。

併用してしまったなら、その後の変化を見守るしかないでしょう。
よく映画にあるように、喉に手を突っ込んで吐き出せるのなら
それもアリだと思います。

風邪薬とお酒、飲む時間はどのくらい間隔をあけるべき?

1日3回飲むタイプの薬だと効果時間は約5時間くらいとみて、
余裕を持って、お酒を飲む6時間前には風邪薬を飲んでおけば大丈夫でしょう。

それでもまだ症状がキツいんだけど忘年会は出席せねば、
という場合は風邪薬優先で飲んで、酒の席はソフトドリンクで過ごして下さい。

メンツより体調。
サラリーマンだと難しい場合があるかも知れませんが、ある意味
信念と勇気を持って自分の体を守って下さいね。

まとめ

忘年会や新年会は飲まない訳にはいかない。
誰が作ったか知りませんが、日本ってこんな風潮がありますよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする