飲酒後に肩こりがひどくなる原因は?応急処置や根本的な解消法

insyukatakori

お酒を飲んだ後に肩こりが酷くなることってありますよね。
楽しく飲みたいお酒なのに肩こりがひどくなるのはできれば避けたいですよね。

まずは、なぜそうなってしまうのかのメカニズムを知り、根本的な解決方法を知ることが重要です。

そこで今回は飲酒後に肩こりが酷くなる原因は何なのか。そのメカニズムについてもお伝えし、
さらに応急処置や根本的な解消法をまとめてみました。

スポンサーリンク

飲酒後に肩こりがひどくなる原因は?

飲酒は肝臓との関係がよく言われます。しかし肝臓は体全体に張りめぐ
らされている神経ネットワークを通してつながっています。例えば胃と腸は
右肩、肝臓は右肩とつながっています。

飲酒後に肩こりが酷くなる場合は、慢性的に肝臓の機能が弱まっている証拠
だと言えます。また大量にアルコールを摂取すると肝臓が分解に追われてしまい
長い時間に渡り肝臓が働きっぱなしという状態になり、疲弊してしまいます。

飲酒後に肩こりがひどくなった場合の応急処置

肩こりは肩の血流が悪い証拠なので、応急処置としては肩を冷やさないように
することが大事になります。以下の方法を試してみてください

スポンサーリンク

◎飲む前に肩のストレッチをする
◎温湿布など肩を温めるものを貼る

さらにアルコールの摂取の仕方に変化を加えることもできます。アルコールの
中にはポリフェノールが含まれていて、活性酸素の発生を抑制し、血行を刺激し
スムーズにする働きのものがあります。

ノンアルコールビールやワインなどがそうです。日本酒などを飲む間にそのような
アルコールを摂取することで変化が生じます。晩酌にワインなどを摂りいれること
もできます。しかしやはり応急処置になります。

飲酒後に肩こりがひどくなる根本的な解消法

◎食事の摂り方や摂る時間帯

暴飲暴食や油ものの取り過ぎを避けること。夜遅くに食事をしないことです。
また添加物や薬を多く摂取することも避けた方がよさそうです。

睡眠は肝臓を休ませる大事な時間なので、十分な睡眠を取ることをおススメします。
夜遅くまでネットやテレビを見ないで、早めに休むことで変化が生じてきます。
さらに早寝、早起きや適度な運動なども効果がありますよ。

まとめ

飲酒後に肩こりが酷くなる原因は肝臓が弱っていることにありました。
応急処置としては肩を温めること、ノンアルコールなどに代えることなどでした。

しかし根本的には禁酒やしっかりとして睡眠を取ることが大事でした。
肝臓や飲食の影響を一番に受けます。どうかしっかりとしたケアを行ってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする