悪玉コレステロールを減らす食べ物・飲み物は何がいい?

akudamakoresutero-ru

コレステロールの悩みは現代病のひとつでもあります。
特に悪玉コレステロールが増えると血中濃度が高くなり、動脈硬化を引き起こしてしまいます。

そのようになると、心筋梗塞や脳卒中のリスクが非常に高くなります。
これも食生活などによる習慣が原因とも言われていますので、これらを意識して改善することで数値がよくなることも十分にあります。

そこで今回は悪玉コレステロールを減らすための食べ物や飲み物は何がいいのかお話していきます。

食べ物、飲み物、運動。
3方向からコレステロールをやっつけましょう。

スポンサーリンク

悪玉コレステロールを減らす食べ物は?

青魚のDHAとEPA

青魚とは、
サンマ、ブリ、マグロ、イワシ、アジ、など。

DHAやEPAは必須脂肪酸といわれ、人間の体では作れないので、
食べ物で摂取する必要があります。

これら必須脂肪酸は、

・善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らす
・血液をサラサラにする

と言われています。

DHAやEPAなどの必須脂肪酸については、厚生労働省でも1日に
1000mg以上の摂取を推奨していまね。
サバの味噌煮や水煮の缶詰にもたくさん含まれているので、簡単に摂取できます。

レシチンが含まれる食品

レシチンは、血管壁にへばり付いた悪玉コレステロールを
血管壁から取り除き、肝臓に戻せるようにします。
肝臓に戻すのは、善玉コレステロールの仕事になります。

レシチンは、
・卵黄に含まれる卵黄レシチン
・大豆に含まれる大豆レシチン
があります。

卵にはコレステロールも多く含まれているので、
豆腐、納豆、豆乳などから、大豆レシチンを摂取するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

悪玉コレステロールを減らす飲み物は?

特定保健用食品

(血圧・血中のコレステロールなどを正常に保つことなどが
国の審査によって認められた食品)

・ニッスイ「イマークS」
・サンスター「緑でサラナ」
・花王「ヘルシア緑茶」
・サントリー「黒烏龍茶」

など。

普段の生活の中で摂取可能

・お茶
・ココア
・コーヒー
・赤ワイン
・豆乳
など。

こういった飲み物に頼り切らないで、生活習慣を見直すことも大事ですよ。
飲んだから安心、にはならないで下さいね。

悪玉コレステロールは運動でも減らせる!おすすめの運動はコレ

水中歩行

水の抵抗が負荷になってくれるので、水中で歩くだけで適度な
運動になって、消費カロリーが高くなります。

有酸素運動なので、血行が促進され、善玉コレステロールが増加。
血管組織が活性化されるので、動脈硬化の予防にもなります。
効果は大きいですよ。

ウォーキング

ウォーキングはおすすめの有酸素運動です。

・心肺機能がバランスよく鍛えられる。
・下半身の筋肉が鍛えられる。
などの効果で基礎代謝も向上。血液の流れも力強くなります。

ただ、その効果が現れるまで数ヶ月はかかるので、頑張って継続
しましょう。

ヨガ

心拍数を上げずに長時間運動できる、というのがヨガのメリット
です。

ヨガは深い呼吸で行います。
これを長時間行うことで、最大酸素摂取量や持久力が向上します。

まとめ

体のコレステロールなど、健康面で何かがきなる場合は、
自ら進んで勉強もやってみましょう。

そもそもコレステロールとは何なのか?
善玉と悪玉の違いは?
筋肉と代謝の関係は?

知識が増えることはとても良いことです。
それが健康に繋がれば、されはまさに“生きた学問”と言えますね。

でも、『おかしいな?』と自分でも違和感を感じた時は、
お医者さんに行って確認して下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする