元気なカラダ

Just another WordPress site

コレステロールが低い原因は?何か問題がある?改善する方法は?

   

koresutero-ru-hikui-monndaiahaarunoka

コレステロール値が高いと生活習慣病のリスクが高まることはよく知られています。
血液中にコレステロールが多いと動脈硬化を引き起こしやすくなり、心疾患や脳血管障害のリスクを高めてしまうのです。

健診で総コレステロール値の高かった人は数値が下がるように改善するように指示されることでしょう。
逆に自分の総コレステロール値がやけに低いことに気付かれる方もいらっしゃいます。
総コレステロール値が高いのは良くない、と世間的にもそのようなとらえ方ですが、低い場合は問題ないのでしょうか。

スポンサーリンク

コレステロールが低い原因は?

悪玉コレステロールが高い場合の原因は、
・過剰なエネルギー摂取
・運動不足
・高カロリーなものを多く含む食生活
・不規則な生活
などが考えられます。

悪玉コレステロール低い原因はこの逆ということになります。
・エネルギーの摂取不足
・消費エネルギーが多い
・低カロリーなものが多い食生活
などが原因になるのです。

ベジタリアンの方や動物性の食品が苦手な方などは、悪玉コレステロールが低いことが多く、低コレステロール血症になりやすい、とのこと。

こうした食生活は体によいと思われていますが、極端な偏食は体に異常をきたすので気をつけましょう。

コレステロールが低いとどうなる?何か問題がある?

高いと危険扱いされる「 総コレステロール 」ですが、総コレステロール値が低い場合には、何が問題なのでしょうか。

値が基準値よりも低く、何か問題が疑われる場合には再検査をして病気がひそんでいないか調べることになります。
原因になる病気を治療することが優先です。

少々低い程度ならばあまり神経質になる必要はないと思います。
もともとの体質という場合には、総コレステロール値が上がることは難しいので、健康に問題がなければあまり心配はいりません。

また、食生活の内容が影響して低くなる場合もあります。
野菜中心の食事はコレステロールが不足。
最近、ダイエットをなさる方で低コレステロール値の人が増えているようです。

スポンサーリンク

実は、メンタルにも影響があると言われています。
コレステロールが低すぎると、自殺率が上がることもある、とのこと。
人によっては、攻撃的な言動や精神不安定に結びつくという報告もあります。
コレステロールはホルモンの原料に必要なので、低いと全身の働きが悪くなることもあるのです。

コレステロールが低いのを改善する方法は?

では、どう改善をしたらいいのでしょうか。

健康診断の結果数値は、不足している栄養素を示していることが多いものです。
数値に問題があった場合は、食生活に気を付けること、おススメします。
バランスのいい食事を心がけるのはもちろん、数値に関連した不足栄養素を意識的に摂りましょう。

たとえば、
総コレステロールが低い場合、卵やレバーなどコレステロールの豊富な食品を摂る。
中性脂肪が低い場合、炭水化物を摂る。
HbA1cが高い場合、甘いものを控え、たんぱく質や野菜などを十分に摂る。
総蛋白質、γ-GTPが低い場合、たんぱく質を摂る。
など。

AST/ALTの差が大きい場合、ビタミンB6が豊富な食材、赤身の魚、青魚、レバー、バナナなどを摂りましょう。
ヘモグロビンが低い場合、鉄分が豊富な食材、レバー、赤身の魚、あさり・しじみ、小松菜などを摂りましょう。

このように、日常の食生活で改善できる点がたくさんあるので、ぜひ、摂りいれていただけるとお身体の変化も感じられるかと思います。

まとめ

実は総コレステロール値は低ければ低いほど良い、というものではありません。
悪者にされやすいコレステロールですが、身体にに必要な物質であることに違いはありません。

コレステロールというのは体に必要な3大栄養素である脂質の一種。
細胞膜を構成する重要な成分になります。
また、男性ホルモン、女性ホルモン、副腎皮質ホルモンや胆汁酸の材料になり、脳の神経伝達にも関係しているのです。

総コレステロール値の基準は140~219mg/dlとされています。
これより低い場合には肝臓の病気、甲状腺機能亢進症、栄養障害などの問題が疑われ、検査が必要になる場合もあります。

コレステロールが不足するとホルモンが作れなくなり、免疫機能が低下するために病気にかかりやすくなります。
実は最も総死亡率が低いコレステロール値は180~200mg/dlで、それ以上とそれ以下の値は総死亡率が高くなっていく、ということも判明しています。

ガンはコレステロール値が高いと発症リスクが高まりますが、低すぎる場合にも発症リスクが高まる可能性も指摘されています。
これは、免疫力低下が理由。

免疫力を高め、健やかで楽しい生活を送りましょう。

スポンサーリンク

 - ダイエット

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

チアシードの食べ方飲み方。噛むの?飲むの?レシピや食べる時間もご紹介

スポンサーリンク ダイエットや美容効果もあって栄養たっぷりだと 最近注目されてい …

プロテインで太るには?飲み方のコツと、おすすめのプロテイン

スポンサーリンク 太りたいのに太れなくて悩んでいる人も多いです。トレーニングをし …

ダイエット中の朝食でおすすめなのは?時間がない人におすすめのレシピ

スポンサーリンク 朝食をいただかないと、基礎代謝が下がり痩せにくい体になってしま …

ココナッツオイルダイエットは効果ある?痩せるための使い方は?

最近日本で人気になりつつあるココナッツオイル。 ダイエットに関心の高い人の間では …

何もしてないのに体重が減るのは何かの病気?原因は?

スポンサーリンク 痩せたいのに痩せられない方には羨ましいことかもしれませんが、特 …

ダイエット停滞期は何日間くらい続く?食べる量と乗り切る方法

ダイエット(diet)は、本来は食事制限の意味ですが、通常は運動などを含めた「痩 …

さつまいもダイエット、カロリーは大丈夫?効果はあるの?やり方は?

さつまいもダイエットって聞いたことがあると思います。 さつまいもって低カロリーだ …

甘酒豆乳の効果。カロリーは?飲む時間・飲む量はどのくらいがいいの?

スポンサーリンク ・アラフォー ・2児の母とは思えない若々しさ ・カワイイ 近頃 …

半身浴で汗をかかないのはなぜ?効果のある半身浴のコツは?

スポンサーリンク ダイエット効果を期待して半身浴が注目を集めるようになったのは、 …

食べても食べてもお腹が空くのはなぜ?腹持ちの良い食事とは

十分に食べてるはずなのにお腹が空く、って体験をしたことはありませんか? スポンサ …