元気なカラダ

Just another WordPress site

ボラギノールAとMの違いは?座薬や軟膏の使い分けについて

   

boraginorua-m

ボラギノールシリーズにはAとMがあります。わざわざパッケージの色も
違うので中身も違うかと思いますが、どうなのでしょうか。違いが分からない
方も意外と多いようです。

そこで今回はボラギノールのAとMの違いと使い分けについて調査して
みました。とりわけ使い分けが理解できないと自分の症状に合わないものを
購入してしまうことになるので、知っていた方がいいですよ。

スポンサーリンク

ボラギノールAとMの違いは何?

違いの幾つかをまとめてみました。

◎パッケージの色と種類の違い

ボラギノールAは黄色のパッケージで3種類ある。
ボラギノールMは緑のパッケージで2種類です。

ちなみに座薬と軟膏については二つとも同じですが、Mの方は
注入軟膏はありません。

◎ステロイドが入っているかいないか。

ボラギノールAはステロイドが入っていますが、ボラギノールMの方は
非ステロイドで入っていません。ここが大きな違いでしょうかね。

ちなみにAのステロイドは酢酸プレドニゾンです。作用は炎症や出血、腫れ
などを抑える効果があります。ステロイドの強さはV群の中でも最も弱いと
されていますが、長期使用は注意した方がいいでしょう。

スポンサーリンク

長くても2週間ほどです。副作用で皮膚がかぶれたり、感染症を悪化させます。

※AとMは薬局でも違いを知っている方は少なく「同じです」と言われることも
ありますが、明らかに違いますのでご注意ください。

ボラギノールの種類で注入軟膏と座薬、軟膏の違いと使い分けについて

◎座薬の場合

肛門内に挿入して使うために肛門内部の痔(いぼ痔、切れ痔)の方に適しています。
体温でサッと溶けるように工夫されているので安心です。

◎注入軟膏の場合

こちらは小さなチューブの容器に入った軟膏です。肛門外部の痔には塗布していただけ
ますし、肛門内部の痔には注入していただけます。つまり内部や外部の痔がある方に
適している軟膏です。

※ちなみに注入する場合はチューブのキャップを外し、中から軟膏を少し出します。
そのまま肛門へ先の部分を挿入し、注入します。ポイントは一回で中身を全部注入して
しまわないといけないことです。容器を肛門の中に入れないよう注意しましょう。

◎軟膏の場合

もうお分かりだと思いますが、軟膏は主に肛門外部の痔に塗布して使います。直接
塗ることもできますし、ガーゼなどで伸ばして使うこともできます。

まとめ

今回はボラギノールの種類の違いと使い分けについて調査し、まとめてみました。

みんなボラギノールと書いていれば同じだと思って購入しているのでしょうか。
どうぞ痔に悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 - 泌尿器・肛門

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

尿管結石の原因、症状とは?予防するための食事とは?

スポンサーリンク 男性に多いと言われてきた尿管結石。最近は女性の方も増えてきてい …

バリウム検査後の便秘がツライ。出ない場合はどうしたらいい?解消法は?

スポンサーリンク バリウムの検査後に排便トラブル、つまり固まって便がでない経験っ …

子供のおねしょ小学生でも治らない。治す対策は?病院に行くべき?

スポンサーリンク 誰でも、子供の頃は1度や2度おねしょの経験があるのではないでし …

尿管結石の原因は?予防する食べ物と対策方法

  あなたは「 尿酸値高め 」の方ですか。 であるなら、結石になるリスクは高めで …

膀胱炎で血尿がひどい、止まらない。期間はどれくらいで治る?

スポンサーリンク お仕事や育児に追われ、 ついお手洗いを我慢しがちになってしまう …

尿の泡が消えないのは何かの病気?市販の試薬で検査する方法

朝、トイレに行き、尿が泡立っている。 日中のトイレでも。 今朝は、気のせいかとお …

尿蛋白で陽性が出る原因は?改善するための食事や治療法は?

スポンサーリンク 職場の健康診断で尿蛋白が陽性になったことありませんか? 私はあ …

尿漏れは病気?原因は?対策方法、グッズもご紹介します。

スポンサーリンク 尿失禁は、圧倒的に女性に多い症状です。 成人女性の3人に1人は …

尿管結石の初期症状は?痛みが出てきた場合の対処法と自然排出の方法

スポンサーリンク 尿管結石というと七転八倒の苦しみという聞いただけで恐ろしい病気 …

自分で痔を治す方法。病院行かずに薬や食事などで改善するには?

スポンサーリンク 痔になったことありますか?痔は痛いし、情けないし辛いし・・本当 …